トップページ > ラフィアンと税金 > 国税庁のメス




国税庁のメス





2006年2月16日・・・ラフィアン公式HPの会員専用ページにて・・・
------------------------------------------------------------------

★確定申告についてのお知らせ

出資馬が獲得した賞金等から分配を受ける利益については、
雑所得として確定申告が必要となる場合があります。
所得の額が2000万円以下の給与所得者の場合、
雑所得等の合計額が20万円以下であれば確定申告の対象外
となります。
ご不明な点は所轄の税務署へお問い合わせください。
−−−
以上、JRAより連絡がありましたのでお知らせ申しあげます。
-------------------------------------------------------------------
以上ラフィアン公式よりそのまま抜粋。

来ましたね・・・ついにこの日が来ました・・・

要するに・・・
一口クラブからもらう賞金や見舞金等から必要経費を差し引いた額が
年間20万を超えたら確定申告しろ!ということですよ。
(実際はこの表現に語弊はあるけど・・・わかりやすくいえばそういうこと)

私がこのHPで書いていますが、今までは・・・
サラブレッドクラブラフィアン(クラブ法人=馬主)はJRAから配当もらう際に
源泉税をひかれた額を頂いておりました。
そしてそのお金をラフィアンターフマンクラブ(愛馬会法人=クラブ)を介して、
会員である我々に分配していました。
そのとき!本来ならばその配当は当然「所得」となりますから税金がかかることになります。
今までは、そのことを知らない人が多かったし、
知っていても何も言わないから黙っていた人がほとんどだったようですが・・・
昨今、日本の台所事情は皆さんもよくご存知の通り非常に厳しくなっております・・・
そしていよいよ一口馬主クラブにも指導が入ったようです・・・
「会員に支払う配当にも税金がかかることを周知徹底させよ」・・・勝手に私が考えた指導内容
そして今回公式HPに上のような事を載せた・・・と・・・・

はっきり言って書いてあることは別に普通のことです。国税庁は間違ったことをいっていません。
むしろ私は今まで何も言わなかったことの方がおかしいと思っているぐらいです。
それに・・・私もそうですが
「多くの人は配当から必要経費を差し引けばマイナス(プラスになっても微々たる物)になります!」
ですから、活躍馬と呼べるような馬をほとんど持っていない人は
税金なんか払う必要はありません!当然です損しているのだから・・・
ただ・・・
「俺は活躍馬が多いから税金払わないといけないんじゃないか?」
「税金払う必要があるかどうか微妙だな・・・」
と感じている人たちのために、ここの私の考える計算方法を載せておきます。
特に減価償却の方法については他にも計算方法はありますが、
ここでは「定額法」という減価償却の計算方法を使用しています。ご了承ください。

それでは確定申告のための計算方法を・・・
なお一口馬主クラブ(このhpではラフィアン)での損益が出たあと、
確定申告書を記入するわけですが記入方法につきましては自分で勉強してください。
確定申告したことがないサラリーマンも自分で勉強しておいて損はないと思います。
その手の本はたくさん出ていますので・・・

ラフィアンでの損益を計算して確定申告する





トップページ > ラフィアンと税金 > 国税庁のメス