トップページ > My Policy > 2004年度出資者確定方法について


2004年度出資者確定方法について



 2004年10月9日(土)・・・関東地方に台風直撃のようです・・・今は雨が降るだけで風はそうでもないですが、今日の外出はなるべく避けた方がいいと気象庁のオッサンが言ってました。ですので今日はエアロビには行かないで家でグリーンチャンネル(京都)を見ることにしよう・・・と言ってもな〜やることないし・・・
 そんなわけで私が3ヶ月間募集したアンケート「2004年度出資者確定方法について」(ラフィアン)の集計を行いたいと思います!
 今日、午前11時現在46名の投票・・・そのうちコメントを書いてくださった方28名・・・本当にありがとうございます!私のような「弱小サイト」のアンケートにこんなにたくさんの方が意見を寄せてくださるとは思っていませんでした〜私はこれを事務所に「こんな意見がありましたよ。来年以降の参考にしてくださいね」ともって行くつもりはありませんが、事務所の方はラフィアン会員のHPをチェックしているはず(こんな場末のサイトでさえも)なのでいずれ参考にするかもしれませんから、載せておきます。私個人の視点でこのアンケート結果をまとめたあとに、私の考えを書きます。

■ アンケートの分析

 こちらが2004年7月9日(金)から10月10日(日)までのアンケート結果の詳細です。
   2004年度出資者確定方法について
 こちらにも順位を書いておきますね
  1. 「基本的に実績優先でよいが、何らかの改正は必要だ」 26票
  2. 「今のままでよい(実績優先制度がよい)」 15票
  3. 「去年までの補償優先に戻すべき!」 2票
  4. 「その他」、「やり方が間違っている!改正すべき!」、「完全抽選にすべき」 各1票
  このようになりました
これを見て私の思ったことを書いてみますね・・・

1 実績を優先することについては多くの人が理解を示していること

 まず思ったのはこれです。今のままでいい人はもちろんですが、今のルールは改正が必要だと思っている人でも実績がある程度優先されることは致し方ない(もしくはOK)と思ってる人が多かったと言うことですね。皆さんの意見が分かれるのは「わかりやすいから有無を言わさずの完全実績が良い」か、「実績優先は良いけど、無制限に優遇されるのはいかがなものか?」といった違いだろう。この辺は出資において何を重要視しているか?に大きく左右されると思いますね。だいたいこの辺の議論は平行線をたどりますからね〜・・・

2 思ったよりも完全実績優先の方がよいと答えてくれた人が多かったこと

 だいたいこういうアンケートを取ったときは今のままでは反対だという方が多く投票してくれるものだと考えます。ですからアンケートも1位と2位の差がもっとつくと思っていました。でも実際は5:3ぐらいの割合になっています。これは思ったよりも差が出ていません。

 私はとある個人掲示板でこのたびの出資者確定方法について意見を書いた人のメールについて事務所の返信を見ました。それを見ると「今回の件につきましては賛否両論様々です」と書いてました。それを見ての私の感想は・・・「おいおい、賛成意見をわざわざ「賛成です」ってメールするヤツそんなにいるのかい??」・・・正直今のままでいい人がわざわざ事務所にメールするなんてあまり考えられないですね。まあ事務所の方が競馬場に行ったときに「私は今回の方法がいいな〜」って言われることはあると思いますが・・・。まあ当然そこでも意見を言う人の方が多いでしょうけどね。

 もし本当に「賛成意見」がそれなりに寄せられたならば、事務所側の「多数の意見を検討した結果2次募集でも1次と同様の方法にしました」という言い分について私は納得できます。そして思ったよりたくさんの同意が得られたから同様の方法に・・・考えられます。ただ今回の場合は初めての募集方法だったし、一次と二次で違う方式で募集するということはあまり考えられないですから・・・変わるとしたら来年以降でしょうね。

3 結局出資者を確定する方法はそんなにバリエーションがないんだなということ

 皆さんいろいろなスタイルでクラブライフを楽しんでおられると思います。私も私なりに楽しんでおります。その中で自分の出資する馬を決定するというのは一口をやってるものにとっては一大イベントの一つでしょう!ですので今回の方式は明らかに「古参の多頭数多数口出資者超優遇ルール」で逆に「自分の気に入った馬だけに1年に1,2頭出資し続けて細々とクラブライフをやっていこう会員切り捨てルール」ですから、不満を持つ方も多くいると思います。そういう方はこのアンケートでもそうだし、実際事務所にも意見を言ったりメールをしたりしたと思います。

 ただ・・・そうはいってもそれに変わる代替案も・・・いまいちパンチが・・・ないように感じます。なぜかというとあっちを立たせばこっちが立たず・・・こっちを立たせばあっちが立たず・・・こんな感じでどうしても中途半端になってしまうからです。結局どんなやり方をしても不満が解消されることはないんですよ。例え自分の不満が解消されたとしても、今度は別の人が不満を持つことになるわけで・・・事務所にとっては誰からのクレームが来ても、クレームとしてでしか処理しないでしょうから、結局募集時期にはクレームが来るんです。まあ今回の場合は少し意味合いが違うと思いますがね。
 今回のラフィアンのやり方はあっちはものすごく立たせて、こっちはものすごく立たせないというすごい極端なやり方です。ですので自分の気に入った馬だけに1年1,2頭だけ出資し続けたい人にとっては抽選のチャンスが全くないこのやり方に不満を持つわけです。私のような出資スタイルの方にとっては全然そんなこともないでしょうけどね。

■ 私の戯れ言

 今回のラフィアンの出資ルール改定でラフィアンの会社としての方向性は今までとは違ったものになってきたと思います。正直やろうと思えば出来るだけ不満があまりでないようなやり方にすることは可能であると思いますが、その意志が今の事務所にあるかどうかが疑問です。どうやっても不満は出る・・・だったら今までたくさんお金を使ってくれた人により多く喜んでもらおう・・・そう考えた今回の改正ですね。
 この方法にするとおそらく新規入会者の急激な伸びは考えられないし(それでも馬が走っているから入会者は増えると思うが)、今不満を持っている人の多くは現役馬が全て引退した時点で退会をしようと考えているのではないでしょうか?わたしももし自分の考え方がロマン派だったら今のラフィアンには全く魅力はないですし、すぐにでも退会ですね。別にストレスをためてまで続けることではありませんから。
 正直昔のラフィアンにはもう戻れないと思うし、賛成派で現実派の私でもそのことは非常に寂しいことだと思っています。ただ・・・もうこれはしょうがないよ。我々は結局クラブの決まりに従うしかないんです。もしこのやり方がダメだとラフィアン事務所が感じたならばまたどこか改正するでしょう。ホームページを持っている人はいわゆるロマン派が多いように見受けられますが、実はラフィアンの場合は特に現実的な人が多くいるんらしいんですよ。私もそうですが・・・・

愛馬の引退に対してもダメならダメだとスパッと見切るラフィアン・・・
まだ走れると思ってる人にとっては早期引退は辛いでしょうね・・・
ただ「こりゃダメだから、とっとと引退させてくれよ!」と思う人がいるのもまた事実・・・

今のラフィアンはロマン派の人には全くお勧めできないクラブです。
逆に現実派であればあるほどお勧めですね。
私はラフィアンというクラブに過度の期待はしていません。もし馬が走らなくなればとっとと退会です。

でも急激にラフィアンの成績が落ちるとは全く思わないし、ましてや潰れるなんて思いません。もしラフィアンが潰れるなら他の一口クラブも数件潰れてることでしょう。むしろ馬の育成に関してはいい方向に行くと見ているのでラフィアンがいいです。

自分がクラブに対して何を求めるか・・・
今後のクラブライフに大きく影響すると思います。


皆さんが自分にあったクラブライフを楽しむことを願って・・・文を閉めたいと思います




トップページ > My Policy > 2004年度出資者確定方法について