トップページ > My Policy > ラフィアン的厩舎の考察(基本編)



ラフィアン的厩舎の考察(基本編)





コラムナンバー14で「厩舎」について私なりに考えていることを書いているところです・・・
が、よく考えてみると個別の厩舎にはもちろん色々な特徴があるわけですが、
ほとんどの厩舎にある共通認識みたいなものもまた存在すると思っています。
まずはそのことをキチンと理解しておかないと・・・と思いまして、
「厩舎が考えているだろうと思われる基本」を今から書いていこうと思います。

1 期待している馬には期待できる騎手を乗せる

皆さん騎手は当然うまい人が乗って欲しいと思ってますよね?
私は出来れば愛馬全部に武豊、ペリエ、横山典、四位、藤田、岩田康、内田博・・・
このぐらいの騎手に乗って欲しいと思ってますよ(笑)
でも・・・あり得ないでしょ(苦笑)ここまでいっちゃうと妄想に過ぎないですね〜
厩舎によって当然依頼騎手の傾向は変わりますが、
それでも同じ厩舎に所属している馬でも鞍上に違いが出てくるわけです・・・
何が違うか?
・・・それは厩舎内でその馬に対する期待度が違うからです。
期待している馬では期待できる騎手に・・・
それなりの馬にはそれなりの騎手に・・・
当然でしょう。私が調教師でもそうします。
何でもかんでも上位騎手に頼めないことはないでしょうが、
もしそうしてしまうと逆に厩舎の信頼を失うことにつながりかねないと思います。
どういうことかというと、能力のない馬に上位騎手を乗せても結局勝負になりませんから、
それが何度も続くようだと・・・
「あの厩舎の馬は、ろくな馬がいないから」と
本当に期待できる馬にさえ乗ってもらえなくなる可能性があるからです

少し話が逸れますが、よく匿名掲示板等を見て思うのは・・・
「何でこんな騎手を乗せ続けるんだよ!」とか
「何で同じミスを何度もする騎手を・・・」とかいう書き込みですが、
この発言自体はまあ間違ってないと思うし、私もそう思ったことがないか?と言われれば
「そんなことはないです。思ったことありますよ」と答えます。
でも・・・それは出資者から見てそう思うのであって、厩舎関係者はそう思ってないのです。
もし厩舎関係者がそう思っていたら騎手を変えているはずです。
ではどうして騎手を変えないか?
それは厩舎にしてみれば走らない原因は騎手よりも馬そのものにあると思っているからです。
厩舎がそう思っているのなら騎手なんて変えないですよね?
だからそれはしょうがない・・・
我々ではどうすることもできません・・・
我々に出来ることは・・・
「どんな馬にでも一所懸命接してくれる厩舎の馬に出資する」・・・
これしかないですね。

2 所属騎手を乗せるのは当たり前

これはラフィアンにおいて、特に中村均厩舎と稲葉厩舎に言えることなんですが、
所属騎手がよく騎乗しますよね?
でも騎乗数に対しての成績が物足りないから、「乗り替わりコール」をよく見かけます。
ただ・・・所属厩舎の馬に所属騎手が乗るなんて当たり前なんじゃないですか?
当然我々出資者からしてみれば、良い騎手に乗ってもらいたいっていうのは
いうまでもなく当たり前のことなのですが、
所属厩舎に所属騎手が乗るという当然のことをされているのに、
「乗り替わりだ!」なんていうのはわがままに過ぎないと思います。
上でも書いてますが期待してる馬ならいい騎手乗せてくれますよ・・・
まあ掲示板に書いてる人もちょっと愚痴を言いたくなって書いているのでしょうが
もし本気でそう思っているのなら、どうかと思います。
それがイヤなら最初にこれらの厩舎の馬に出資すべきではないですね。
(厩舎未定や他の厩舎からこれらの厩舎になった場合はしょうがないですが)
もちろん所属騎手がいてもほとんどその騎手を乗せない厩舎もあります。
ただ上記2厩舎は今のところ(2005年2月13日現在)その厩舎ではありませんから・・・
こういうことは少し調べればわかることですから、最初に調べておいた方がいいと思います。

3 馬のローテも仕上げも期待度で変わる

 やっぱり厩舎関係者も人間なので・・・感情によって行動も左右されます。
期待できる馬なら、キチンと馬の適性を見てくれる・・・ような気がします。
調教師の能力にもよるのでしょうが、
期待されてない馬だとローテも仕上げも無茶苦茶なような気がしますね。
出来れば、全ての馬に同じように接してくれる厩舎を選びたいものですが・・・

4 結論

まあ結局厩舎がその馬をいかに評価しているか?にかかっていると思うんです。
出資者は自分の持ってる馬のことばかり見ているので、親バカになりがちです。
親バカも悪いことではないですが、あまりそれがひどくなると周りから「イタい人」だと思われます。
その辺のさじ加減が難しいところですが、我々は所詮馬主ではないんです。
お金がない我々のために一口クラブが「馬主気分」をちょっぴり堪能させてくれるだけなんです。
そのあたりを自分でわきまえれば楽しい競馬ライフになるでしょう。
ラフィアンはいいクラブだと思いますが、それでも例年5割ぐらいは未勝利で引退するんです。
自分の選んだ馬は全て勝ち上がるだろうと思うのは間違いです。
「4頭選べば2頭は勝ち上がるかな?」と思ってみていれば気が楽です。

皆さんがストレス無く、より満足できるクラブライフを送ることを願っています。



トップページ > My Policy > ラフィアン的厩舎の考察(基本編)