トップページ > Special issue 2012年10月CVFノルマンディーファーム訪問記


2012年10月CVFノルマンディーファーム訪問記 2012年10月20〜22日 


出発前日は、24時間勤務。その前日までは体調劇悪・・・
今回の旅の前はあまりテンションは上がりませんでしたが・・・
やっぱり北海道に行くと自然にテンションを上がりますな〜
色々なものが上がりますが(笑)

今回の旅は20日14時15分に中部国際空港発、15時55分新千歳空港着の便を使用しました。
JALを予約するときにこの便だけ妙に安かったんですよ。
先得で10,100円でした。当日にクラスJにしたから1,000円プラスでしたけどそれでも安いよね。
何で安くなっているかと言うと、同じような時間にスカイマークが同路線を運行しているから。
LCCのおかげで既存の航空会社の運賃も安くなってありがたい事ですよ。
都会(というほど都会ではないが)では、こういう恩恵も少なからず受ける事が出来て
田舎暮らしが長かったので、こういうところで都会を感じる・・・まぁ田舎ものの典型ですな(笑)

さて、到着した日は快速エアポートで札幌へ向かい、すすきの三昧。
夜はきばらしでお酒を飲みましたけど、相変わらず凄い料理でしたね〜
この日だけで2キロは太ってます、多分(笑)

そして21日の翌朝・・・ちょっと遅めの朝食を取りレンタカー屋さんへ。
しかしちょっとしたトラブル・・・
マツダレンタカーのすすきの店で予約していたと思っていたのに、札幌店で予約していた事が判明。
さて・・・タクシーでいくか?なんて思っていて、とりあえず札幌店に電話してみると・・・
「少し待っていただければ、そちら(すすきの店)まで車をお届けしますよ。」とのこと。
いや〜ありがたいね〜こういう、サービスじゃないけどサプライズはとてもありがたいんだよな。
そんなこんなで、少し待って札幌を出発・・・

ちなみに、今回の相棒はプリウス(黒)でした。
いや〜いい車でした〜正直言って、レンタカーでマツダのデミオやスズキのスウィフトなんかに乗ると
凄く満足度の高い車だったのに
トヨタのカローラに乗ると悪くはないんだけど全然満足を得られない車といいますか・・・
悪い意味で想像を超えないんだよな。トヨタの車は。
以前、bBに乗っていたときも思ったんだけど、いい車なんだけどそこまで満足できないといいますか。
今、私はスズキのワゴンRスティングレーに乗ってますけど
もちろん普通車に比べればパワーとかは劣りますけど、それを補って余りあるものを感じるといいますか・・・
全体として満足感が高く感じられるんですよね。

でも、プリウスはよかったです。室内は狭く感じましたが、さすがの燃費。そして車内の静けさ。
いやいや・・・かなり感銘を受けましたね。トヨタの車じゃないみたいでした(笑)

・・・脱線しましたが・・・

まずは、静内のウインズへ。
ここで、一通り回って見て余韻に浸ってみた。
来年のダービーで閉鎖って事なもんだから。お世話になりましたよ。

その後、食事をしてコスモビューファームへ。アルザスやラヴェリテとご対面です。
 
ラヴェリテ君
かなり突付かれましたな。
 
アルザス君の写真はうまく取れてなかったな〜
で、この日はとても寒かったのと、スタッフもほとんどいなかった(日曜だから)ので
クラブのテラスで菊花賞を見る。
いや〜ゴールドシップはあんなところからスパートしてゴールまでもつんだな〜
凄い強いわ。

その後、スタッフに次の日の朝にアドマイヤジェンヌ11とゴールドフォイル11の調教を見る時間を
だいたい伝えて、CVFをあとにする。

・・・やばい、もうやる事がなくなった(苦笑)

ということで、早々にゲストハウスへ。
なんと!ピーク外れの日曜日にゲストハウスが満室とは!!
いや〜びっくりしましたな。
そしてロビーでいい物を発見!!
  馬カフェ ブリッツのコーヒー試飲券です。
1周年記念ということで
2012年11月15日(16だったかな?)まで
いただけるということですよ。

これをもって行ったらマスターと話が弾みましたよ。
マスターはヴァイザーとアルナイルを
もっているそうで
かなり馬選びの嗜好が合いそうな気がしました(笑)
 
そして、友人と夕食後、レコードの湯へ・・・いつものパターン。
入浴後、ほろしりのコーヒー牛乳・・・いつものパターン(笑)

そして、ゲストハウスへ・・・
ゲストハウスにつくと、ロビーの明かりがついていて数名でお酒を飲んでいるようだった。
私が部屋に戻って荷物を整理してから、コーヒーを飲むためにロビーにいく・・・
link「こんばんは〜」
3人「こんばんは〜」
そのうちの一人「あれ・・・・?linkさんですか?」
link「あっ・・・はい、そうですが?私がここに泊まることをご存知だったのですか?」
そのうちの一人「いえ、知りませんでしたけど、以前お会いしたことあるので」
link「えっ?????????いつですか?????」
そのうちの一人「あぁ〜10年ぐらい前に一度○○さんとの飲み会でお会いしました。」
link「あぁ〜・・・・すいません。全く覚えてません。」
そのうちの一人「もう10年ぐらい前の話ですからね〜」

こんなやり取りがありまして、その3名と少しお酒を飲みながら話をすることになりました。
少し話をしても、その以前私にあった方の事は思い出せなかったのですが(苦笑)
楽しくお話できましたよ。
皆さんラフィアン暦が10年ぐらい以上はありそうな皆さんばかりでして
しかも、その席にいた4名中3名はガヴロシュもっているという脅威のカブリ率(笑)
初めてお会いした2名のうち1名も「ブログ読んでます。」と言われちゃいまして、少しいい気分に(笑)
さすがに私も11年以上やってるので、一度ぐらいは見たことある人はそれなりにいるんでしょうかね?
びっくりしますね。
3名のうち2名は社台会員さんでもあったので、ゲストハウスで社台の話で盛り上がりました〜
やっぱり社台は夢があっていいなって話ですよ。
話の中ではその2名の方は社台でそこまでの当たりを引いてないという印象でしたが
それでも十分楽しめている印象です。
職業も伺いましたけど、やっぱりなんか余裕がありましたね。
やっぱり一口馬主を楽しもうと思ったら、自分が余裕を持てるクラブに入らないといけないと思いましたね。
「この馬が走らなければ、終わりだ!」なんて悲壮感を漂わせてまでやるもんじゃない。
まぁそのくらいの気合でやるのはいいと思うが。
で、社台の話をしていると私のことを知っていた方から・・・
「何で、いくつもクラブに入るんですか?ラフィアンだけじゃダメなんですか?」とか言われまして・・・
私を含めた他の方は「う〜ん、たくさん走るのはいいんだけど・・・」とだいたい同じような返事。
「ラフィアンでダービーを目指せばいいんじゃないんですか?」という話もされたけど
「ん〜この体制ではとても・・・」というまたも同じような返事・・・

いや〜ラフィアンはね〜この人みたいに純粋にラフィアンを応援している人を大切にせんといかんと思うぞ。
私はもうとてもラフィアンだけを応援したいという気分ではなくなっていて
とにかく自分が一口馬主を楽しめる環境を構築し続けたいと思っているのだけど
まだまだ、ラフィアンを純粋に応援してくれる人が少なからずいるって言う事実があるからね〜
私のブログがそれなりの人に読まれているという事は
私の考え方に全部とはいわないまでもある程度は共感できる人がそれなりにいるからこそだよ。
でも、まだまだラフィアンを純粋に応援してくれる人はいる。
そういう人たちの期待には応えんといかんとおもうぞ。

まぁ頑張ってくれたまへ。

で・・・次の日の朝・・・日本酒が効いてちょっと頭痛(苦笑)
でも5時半おき(爆)
朝食後、朝の散歩がてら真歌を回る。
テラスで坂路を見ると、もう全部に屋根がついていたね〜
テラスから馬が坂路を上るのを見ながら朝食を取るひとときが好きだったのだが
屋根の壁が白くて、ほとんど坂路の様子がわからなくなってしまったな〜
また、一つ今までの風景が消えてしまったか・・・
  ゲストハウスのテラスからみた真歌の坂路
ずっと屋根がついたので
馬がほとんど見られないです。
非常に残念ですな。
まぁその分馬が強くなればいいけど(笑)
 
9時からコスモビューファームで調教見学する予定だったので
真歌では、知り合いに頼まれたコスモヴァレンチ11の写真を撮って・・・
ぐるっと回って帰ってきた。
コスモ出発前にロビーに立ち寄ると・・・馬恋慕のライター河村さんを発見。
少しお話をしましたよ。
でも、河村さんは私の名前まできちんと覚えてくださってました。
すごいですね。そんなに何回も話をしたことないのに。
こういうところでは褒めておかないと(笑)

その後、真歌をあとにして、CVFへ、
ロビーでコーヒーを飲んでいると別の会員さんが見学に来られた。
2人で来られていたが、1人は名前は知らないけどよく見かける人だ。
どうやらその方も私を見て「名前は知らんが良く見かける顔だ。」と思ったらしく、
軽く会釈してもらったので、『どうも』とあいさつ。ん〜ぎこちない(苦笑)
コスモのホワイトボードで坂路調教3本目にアドマイヤジェンヌ11、4本目にゴールドフォイル11が
調教することを確認したので、その間牧場を散策することに。
アドマイヤジェンヌ11のところには、先ほどの2名が先に来ていて
隣のハギノオマージュ11を見たあとに、アドマイヤジェンヌ11を見て
「これいいね〜」と言っていた。そして私に「これもっているの?」といわれたので
「はい、もってます。」と答えると「おぉ〜あたり!」とか言われて少し会話が弾みましたよ。
1300万の200口という話をすると「へぇ〜お手ごろだね〜」といわれて
「よし!買おう!」とおっしゃってましたよ。

そんなこんなで、アドマイヤジェンヌ11の調教開始。
 
調教後のアドマイヤジェンヌ11
調教もそこまで速くはないですが
大きなフォームで走れていたことに好感。
スタッフも「最近動きが良くなってきました。」とのこと

少し期待値をあげておきます(笑)
 
その後、ゴールドフォイル11の調教を見る。
ステイっぽくはないが、それを踏まえなければ
雄大で大きく見えるのはいいことなんだよな。
ゆったりと登っていっていたので
おそらく、マイルでも短いぐらいの馬になると思うが
あとはスピードが伴うかどうかだな〜

思ったより印象は良くなってるけど
全然ステイっぽくないところが怖い(苦笑)
調教を社長と一緒に見させていただきまして、
少し話をしましたが、この人はあまり余計な事は言わないんだよな〜
BRF会報では、言わなくていいことまで書いていたのに(笑)
まぁでも話は面白いよ。ある程度、話は大きくする傾向にあるがこのくらいなら楽しめる範囲です。

その間、スタッフと他愛のない話をして、コスモ本場をあとにする。
そして、分場の知り合いのスタッフのところへ。
ここで写真撮影しているところを見ましたね。
1頭の写真をきちんとした立ち姿で取るために3名のスタッフが色々試行錯誤していた姿を見て
カタログの写真ってどのぐらいの時間がかかっているのだろうと思いましたね。
ちょっとカタログを見る目が変わってきますね。
挨拶後、分場をあとに・・・

この後、BRF明和に行ったのですが・・・
マイネエレーナ、マイネメリアン11は昼夜放牧で放牧地が広くて、探すことを断念。
エレーナは昼夜に出ていたぐらいだから大丈夫だろう。
メリアンはみたかったが・・・
1頭だけ写真を・・・
 
マイネアルナイルです。
あまり動かなかったですね。
まだまだ時間がかかりそうな印象。
 
なんかおかしいと思ったんだけど・・・
明和って11時から昼休みなのかな?
確か以前は11時半からだという認識だったので、スタッフを捕まえて話をしようと思ったが
パートのおばちゃんおじちゃん以外全くスタッフの姿が確認できなかったよ。

いや〜失敗だ・・・
やっぱり実質1日だとBRFを網羅する事はかなり厳しくなってるな。
特に明和が広すぎる・・・

でもさ、相変わらず牧場にはたくさんの方が見学に訪れていまして
何名かとすれ違いましたね。
この自由な牧場・・・本当に素晴らしいといつも実感します。
この牧場が訪問するだけで、ラフィアン会員でよかったことを再認識します。
この牧場の雰囲気だけは何とか維持してもらいたいね。

その後、昼食のため、あま屋さんへ。
前回の訪問ではディナーを食したので、今回はランチへ。
少しぐらい高くても、リッチに食べようと思っていたのに全然リーズナブルプライスでびっくり。
もちろん料理はおいしくて、これはちょっとこのあたりでは群を抜いておいしい印象です。
これは、静内にきたらここで食事をするでしょうね、今後は。
そのぐらい気に入りました。

そして、今回の旅のもう一つのイベント・・・ノルマンディーファーム訪問です。

14時から予約をしていたので、あま屋での昼食の後カフェブリッツでマスターと話をする。
こうやって馬の話が出来るのはうれしいよね。
13時半・・・そろそろだと思って店を出る。
新ひだか町役場(旧静内町役場)の道を北上し左に行けば静内農業高校の十字路をさらにダム方向へ北へ。

一応ナビに従って行ったけど・・・遠い(苦笑)
ちょっと時間見積り間違ってるか??
ズンズンまっすぐ進むと何かがおかしい感じがして、一旦車を止めて
ノルマンディーから送られてきた電話番号にかけてみる。

・・・はい、もしもし〜(おじいさんが出た)
私「すいませ〜ん。今日の14時からノルマンディーファームの予約をしているものなんですが。
  道に迷ってしまって」

・・・「あぁあ〜〜はいはい。」

どうも、少し話がかみ合わないと思ったら、どうやら電話が別のところに転送されていたらしく
普通の民家にかかってるようだった。もしかしたら旧カントリー牧場??

そんなこんなで、やっぱり道を間違えていたので、少し戻って無事にたどり着いた。
きた〜ノルマンディーファーム!!
この看板が見えてホッとしましたよ〜

この看板のあるところから牧場に入って
事務所らしき建物の横に車を止めようとすると
男性が近づいてきた・・・
男性「linkさんですか?」
link「はい、そうです〜」
男性「すいません。見学は別のところなんで
    移動します。ついてきてくださ〜い。」
ということで場所を移動する。
 
少しはなれた厩舎に到着。
そこでは、他のスタッフが2名待って準備してくれていた。
気持ちよく挨拶していただいて、早速展示開始。
私の案内をしてくれた男性と少し話をしながらみた。
キョウエイアン11
写真写りは良くないけど
そこまで悪い印象はなかったです。
スタッフいわく「兄弟はみんな気性が悪いけど
牡馬に出たのは初めてだから
その辺がどう出るかですね〜」
 
エレガントフライ11
ものすごく腹回りがぼてっとしてましたが
トモのはりなんか良く見えましたね。
お金があればここまで回るが・・・
 
フサイチリニモ11です。

たくさんのフサイチゴッホ参駒を見てきた
国枝先生が見て選んだ馬だと
スタッフの方がおっしゃってましたから
期待します!
スタッフの方は「ジャンポケかな〜う〜ん?」
みたいな感じでお話されてましたけど
私は走ればなんでもいいです(笑)
 
タニノシスター11
この馬に関しては馬体がどうこうよりも
雰囲気がいい。
「昆先生も気に入っている。」
「せりに出したら3000万なんてことはない。」
「夢があっていい馬。」
大体こんな感じ。
最後にこの馬だけ、
他の馬よりも長くずっと見てました。
スタッフの方も
走ってもらわないと困るといった感じ。
私もこういう夢のある馬に比較的安価で出資できて
とてもうれしいですな。
 
本当は牝馬の方を見たかったのだが、牝馬はこちらに移動してなくて岡田スタッドにいた。
しかし、飛行機の時間の関係で予約が出来なかったのでしょうがなく、ここで終了することに。
1頭ずつしっかり見せていただいて、丁寧に対応していただいて、ありがとうございます。
社台の牧場にいった事はないけど、社台も多分こんな感じなんだろうなぁ〜
でも、こういう訪問をすると、やっぱりBRFが如何に特殊で、なおかつ素晴らしい事が良くわかるよ。
あんなに自由な牧場はほかにはない。
まぁ本物の馬主様になればまた対応が変わってくると思うけど
そうじゃなければ、スタッフとよほど仲良くならないと、牧場見学の自由は利かないものなんだろうな。
他のクラブに入会して、他の牧場を見る機会が増えるにつれて
BRFの良さを再認識できる・・・
北海道に行くたびにそう思いますな。

今回の旅はここで終了。
新千歳空港で風呂に入ろうと思ったけど、微妙な時間だったのでちょっと行ってみたかったところにいくことに。
私もノルマンディー入会を期にゴールドカードを作りまして、空港のゴールドカード専用サロンにいくことに。
結構人がいたな〜でもみんなあまり大きな声を出さないから
少しソファーで休む事が出来たし、ソフトドリンクはサービスだから結構くつろげるな。
こういうところで少し大人の雰囲気を醸し出せる訓練をしておかないとな(笑)

今回も札幌→中部交際空港のJAL最終便で帰名・・・
LCCとは違ってきちっとした時間で離発着するのはありがたいね。
競争大歓迎!選ぶのは消費者だからね。

次はいつだろうか・・・
今年の1月に北海道に行ったけど、やっぱり寒かったからな〜当たり前だけど(笑)
転勤前の3月にちょっと長期で来たいね。
これでしばらく北海道に長期で頻繁にはいけなくなるかもしれない。

今から、来年の3月を楽しみに生活するか(爆)





トップページ > Special issue 2012年10月CVFノルマンディーファーム訪問記