トップページ > Special issue 2012年5月CVF訪問記(その3)


2012年5月CVF訪問記 2012年5月11〜12日(その3) 


朝一からコスモに行くなんてラフィアン暦12年目にして初めてかも?
ラフィアンの頭数が相対的に少なくなってるからな〜

番外編へ

12日朝・・・結局5時半に起きる。
初老の紳士の朝は早いんですわ(苦笑)
いつもどおり、トースト食べて早めにお出かけ・・・
しようと思ったら、昨日からゲストハウスに泊まっている人が起きてきたので少し話をした。
ラフィアン暦は私より長くて15,6年ぐらい。
一番の当たりはソーサリス。それ以外はガーランドかな?年1,2頭なのでトントンぐらいで遊べている。
しかし、ここ2,3年は騎手の偏重が激しくて、出資をとめていたが
最近は戻ってきている感じもするので・・・とのこと。
さらに地方馬主さんで浦和に馬を持っておられるそうで、結構興味深い話も聞けました。
ちょっと私も地方馬主になってもいいかなぁ〜と思ってみたりもしましたね。
それと、結構騎手の偏重で出資をやめている人に初めてリアルに出会いましたね。
ネットではよく見るけど、実際はどうなんかなぁ〜と思ってましたけどね。
まぁネットでいるということは現実社会には当然いるんでしょうけどね。

で、ちょっと楽しく話をした後にコスモへ。
知り合いに会ったのでお土産を渡す。
ウインの社長でコスモビューファームの専務も来ていて「linkさんですよね?」と言われる。
あぁそうか、今日の牧場見学を事前に伝えていたのは私だけか。
ちゃんとファックスが事務所に張ってあった。
翌日の13日には2組の会員さんが来るようだったが、見学希望馬が思いっきりかぶってること・・・
おそらくラフィアンから流れてきた会員さんなんでしょう。
ほぼ私と同じ出資馬で、1頭ぐらいの違いぐらいしかなかった。
まぁラフィアン会員だったら大体同じようなところを抑えるという証左なんでしょうね。
知り合いのスタッフと話をすると、「大体同じような感じですよ。」とのこと。やっぱりだな。

朝礼にも参加した。真歌とかの朝礼も見たことあるけど当時はスタッフだけだったけど
コスモの朝礼はパートさんも全員参加してやるんだね。ちょっと新鮮だった。
社長自ら大きな声を出していたのが印象的。若いんだからこういうのは好印象。
それに、あとで見たんだけど、自分で草木の整備をしていたよ。
この辺はお父さんに似たんだろうね(笑)

で、調教を見させてもらおうと言うことで今日の予定をホワイトボードで確認・・・
まずプリメーラがゲート練習か。初めて見るな〜これは楽しみ。
ちなみに、馬装整備をしているときにプリメーラのことをスタッフに伺いましたら
「いいですよ。悪いところが何もない。」とのこと。
「今は楽をさせているので早く走りたがってうるさいですね(笑)」とのこと。
ん〜なんか私の出資馬はみんなよさげだな。
まぁみんな今の評価どおりに走れば蔵が建つけどな(爆)
 
これがゲート練習風景
このあと、開いて一斉にスタート・・・とはいかず
3頭とも開いてもすぐには出なくて
スタッフが促して出ていってました。
その後・・・プリメーラに乗っていたスタッフが
振り落とされて落馬してしまいましたが
すぐに立ち上がって捕まえてましたね。
いや〜怖かったな〜すぐにたちあがったので
良かったです。
 
で、ゲート練習を見ていると、携帯に電話が・・・
札幌に住む知り合いからだった。まぁ知り合いと言う呼び方は失礼だけど
これしか適当な呼び方が思い浮かばない。
で、どうやら今コスモにいるらしい、私の場所を伝えると「今行く。」とのこと。
で、すぐに来られまして、話をしながら2回目のゲート練習を見ていました。
2回目は1回目よりは良かったですけど、まだまだ練習が必要な感じでしたね。
こうやって少しずつものを覚えさせていくんだなぁ〜と実感します。

で、プリメーラを見たあとにはデスティニーとラヴェリテとエスペランサの調教が予定されていたけど
調教間隔があったので、しばらくテラスで休むことに。
その方といろいろな話をした。
私よりもはるかに会員暦の長い方なので、いろいろなことを知っている。

あまり自慢話は好きではないが、ためになる昔話は大歓迎。

ウインの前身は「みらいクラブ」と言う名前だったそうだが
これに少なからず岡田さんが絡んでいて、そんなに遠くない関係があった。
でも、ウインの買収は偶然の産物だと言うことでかなり縁を感じた・・・という話や、
今ウインには4000人の会員がいるが
半分ぐらいはあと1頭ぐらいしかいなくて、この人たちはその1頭が引退したら退会する可能性が高く
結局実働は2000人ぐらいしかいないとか・・・
多分ウインとすればそういう状況がわかっているからこそ
ラフィアンからのお客を呼びたいのでしょうね。
会費が共通になってそれがやりやすくなってますし。

あとはね〜・・・ラフィアンの騎手の選定に関してはやっぱりというか前社長の好みが大きく関係しているようで。
まぁある程度前社長を知っている人は、好みが激しいい人だというのは大体わかると思うんですが
まだまだ影響力は大きいですね。
でも、ウインは調教師に任せているそうですよ。
これはその方がウインの社長から直に聞いたそうです。
だからこそまだ石坂先生や角居先生も預かってくれている。
ウインに関しては前社長もそこまで回らないんじゃないかという推測でした。
まぁ今後はわかりませんけどね(苦笑)
たまにウインにもラフィアンジョッキーズが乗ることがありますが
それは調教師が気を遣ってそういうジョッキーをあてがっているんじゃないかと。
まぁね、成績が中堅以下の調教師からしたら、何とかBRF、CVFに取り入って
預けてくれる馬を確保したい・・・
一応任されてはいるものの、岡田繁幸さんの評価が高い騎手をつかっておけばご機嫌を取れるかも?
そう考えて依頼している可能性があるという感じですかね。

まぁね、なんでも自分の立場でいろいろ考えて行動するわけですよ。
はっきり言って石坂、角居、池江泰厩舎なんかは、BRFCVFと縁が切れたところで
痛くも痒くもないわけですよ。
成績を残しているから、預けたいと思っている馬主さんは多いわけです。
でも、中堅以下の調教師はそうもいかない・・・
まず馬を集めるところからはじめる・・・
そう考えると、できるだけ馬主に嫌われないように行動する・・・

ということで、調教師に任されているにもかかわらず、ラフィアンジョッキーズが乗るというのは
そういういろいろな思惑がかかわってることだと推測します。

ここに書いていることは、私の勝手な見解ですよ(笑)

まぁでもね、そういうことを考えるとラフィアンはまだまだ院政が続く見込みで
ウインはいつそうなるかはわからないとはいえ、今のところウインの社長が
前社長の完全なるイエスマンという感じは私は持たなかったので
ウインにシフトしようと考えている次第です。
まぁ基本的な考え方は一緒だと思うんですが、ちょっとした違いなんですよ。
何でもかんでも馬主のいうことを聞けっていうのか、
それとも、調教師といろいろ話をして決めてもいいんじゃない?の違いです。
このファジー感が日本では大事だと思いますのでね。
だからラフィアンで出資するにしても、ラフィアン側のいうことを丸呑みするような厩舎には出資しません。
ある程度、柔軟に考えてくれる厩舎じゃないと特にラフィアンの場合はだめです。

・・・とまぁ、コスモに来てこの方と話をする中で、そういうことを考えてましたね。

私はこの話をできただけでも、今回の北海道に来た意味があったと思いますね。
この方に会ったのはまったくの偶然とはいえ、こういうことがあるから牧場訪問はやめられないのです。

で、そうこうしているうちにまずエスペランサの調教が始まる時間に。
馬装整備時にスタッフに聞くと「まだちょっとゆるいけど、これから徐々に」って感じだったと思うんですが・・・
  CVFの調教見学場所からの風景
この日は風が強くて、寒くて死にそうでした(苦笑)
 
  ちなみに、調教見学場所には
百葉箱みたいなものがあって
これで坂路のタイムがわかるようになってます。
ただ、この日は電源が切ってて不明でした。
スイッチつければ計れたのかな??

思いっきりガラスに私の姿が映ってますね(笑)
 
写真は撮ってませんけど、エスペランサが上ってくる・・・
私は「悪くないんじゃない?」と思ってましたけど
帰ってきたスタッフに確認すると
「いや〜先頭を走ってましたけど、突き放しましたね〜いい動きでしたよ。」とのこと。
いや〜なんか私の出資馬みんな走りそう(笑)

エスペランサの次の組でラヴェリテとデスティニーが調教予定だったので
しばらく待とうとしていたところ、控え室に先ほどの知り合いとウインの社長がいたので
お話をすることに・・・
ここに競馬番組表が貼ってあってどの馬がどこに使う予定かが書いてあったので
社長に「写真をとってもいいですか?」と聞くと
社長は「とってもいいですけど、公表しないでくださいね。」とのこと。
ん〜写真とってHPに載せようと思っていたのに(苦笑)そんなわけで載せられません。
社長いわく「公表していることと齟齬があるとまずいので・・・」という感じだったと思います。
あぁ〜なるほど、この社長はネット社会のことを良くわかってるなと。
情報の出所は一つにしたいんだろう。しかも社長という立場での発言と事務所との見解が違うのは
まずいのではと思っているんじゃなかろうかと感じましたね。
あとでもそう思えることを言われましたから。
なかなかしっかりしてるな。
まぁでもね、私の出資場だけの話しをするなら、確かに日付までは近況に書いてなかったけど
書いてあった競馬場でデビュー予定だったし、
レースも大体その馬に合いそうなレースを使っているように見受けられたのでいいと思いました。

ちなみに・・・
ウインコサージュはもし新馬勝てば、函館2歳ステークスを使いたいとのこと。
そのときはコスモに戻して調整するのでちょうどツアーぐらいにこちらでの最終追い切りになるかもしれないと。
2日目の調教見学のことですね。
いや〜取らぬ狸のなんとやらですけど、ここまで言われるのは気分悪くない。
お客様の気分をよくする方法を心得てらっしゃる(爆)

そうこうしていると、ラヴェリテとデスティニーの登場です。
ラヴェリテも、デスティニーも評価高いんだよな〜
ちなみに、他のスタッフがジョニーの馬装をしていて「ジョニーは持ってないんですか?」と聞かれたので
「デスティニーと迷ってデスティニーにしました。」と言うと、
スタッフは「あぁ〜今のところデスティニーの方がいいですね。」とのことでしたね。

いや〜2分の1の確率が当たったかもしれません(笑)
まぁまだわかりませんよ。競馬場で走ってみないことにはね。
今までそんな馬にたくさん出資してきてます(爆)

で、ラヴェリテとデスティニーとの縦列調教。
ラヴェリテは力強く、デスティニーは四肢をしっかり伸ばした走りで駆け上がっていきましたね。
2頭ともよさげ、特にデスティニーはスタッフもすごく褒めてくれますね。
さすがにこの時期にこれならそこまで走らないことはないと思うんですけどね・・・
このときにはウイン社長も坂路に来て、一緒に見学されていました。
あまり会員さんってこないのかな?
結構、手厚してもらった感じですね。
多分、私がlinkであとでここに書くってことを知らないとは思うんだけど(笑)

帰ってきたスタッフと話をして、帰路に着く・・・・と思ったが
社長がちょうど植木の整備をしていたので、挨拶をがてら話をした。
私「ウインの募集馬どうですか?」
社長「いや〜みんないいですよ。みんな走る気がするな〜」
私(おっ、なかなかの切り返しだな(笑))
私「どれが良さそうですか?」
社長「ステイゴールドのキョウモヨロシクとタニノギムレットとサンデー、
 あと、コスモフォーチュンのコンデュイットがいいですね。
 これは前の2頭と比べてもかなりいいですよ。だからいい値段をつけさせてもらいました。一番高いです。」
私「えっ?私、ボヌールもってますけど、それよりいいってかなりいいってことですか?」
社長「いいですね〜」
私「大体どのくらいですか?」
社長「値段はいえません、公表されてないので(苦笑)ただ、いい馬なので高くつけさせいただいています。
 来週には公表する予定です。」
私「そうですか〜ありがとうございます。」

まぁこんな感じのやり取りでしたね。
そんなわけで一番高いのはコスモフォーチュン11のようです。
私は3000万までなら買いますけどそれ以上ならたぶんオミットですね。
仮にボヌールが今の時点で重賞勝てていたら3000万でもわかりますけど
まだオープン特別2着の実績しかない馬の下をそんな高値で出されても困ります(笑)
私はその辺はシビアに見ますよ。正直2000万でも高いんですけどね・・・まぁ400口だからいいでしょう。

で、社長に挨拶をしてコスモをあとにする・・・
分場で1歳馬を見ることに。
いや〜迷った(苦笑)
結局、ビッグレッドファームのトラックが止めてあった厩舎を見つけたのでスタッフに聞いてたどり着く・・・
エルフはすぐにわかったんですけどね、前にガスティを見に来たことがあったから。
オーク分場がさっぱりわからず(苦笑)
エルフに1歳牝馬、オークに1歳牡馬がいました。
 
  社長に一番高いといわれた(笑)
コスモフォーチュン11です
ほかの馬は柵に近づくと寄ってきてくれるのですが
この馬は寄ってくれない・・・
われ関せずみたいな。
なかなか大物かも(笑)
 
確かこれはホクトスプライト11です。
この辺も値段次第で人気するでしょうね。
 
1歳牝馬も取ったんですけどね・・・
まったく誰が誰だかわからなくなったので(苦笑)

牝馬の放牧地の山の上から人影が2名・・・
「あぁ〜会員さんか、スタッフの集牧かな?」と思っていたら
まったく馬に興味を示さずそのままズンズン降りてくる・・・

あれ??コスモの調教主任のYさんじゃないですか。
「こんにちは。山菜取りにいってました。」とのこと。
そういえば、その日のツイッターでもつぶやいてましたね〜たらの芽の話(笑)

結構1歳馬を探すのに苦労したんですよ〜
で、寒かったし、眠くなったのでとりあえず真歌で休養馬を見てこようかと。

で、ハッピー、トレース、レガーロを見る。
写真はあるけど、まぁいいだろ(笑)

それからゲストハウスにいって昼寝・・・
なぜか昼間は寝られるんだよ(苦笑)

そして起きたら17時半ぐらい・・・今日はレ・コードの湯に行くか。ということで
出発しようと思ってロビーでお茶を飲もうとしたら・・・

後ろから声をかけられる・・・

あれ?以前競馬クラブで働いていた人だ。
私のことを覚えてくれたようだ。いや〜男前だからな〜(笑)
今回は一会員として来られたらしい。
いろいろ、BRFを辞めた後の話を聞く。やっぱり人生いろいろあるなと感じる。
けんか別れしてやめたわけではないことがわかって一安心。

ここでもいろいろ話をしましたが、人と話をするっていいですね。
いつも一人なので(笑)

そんなこんなで、ずっと話をしようと思ったが
翌日マラソンだったので早めに休むことを告げて風呂に行くことに・・・
ちなみに夕食はねこや食堂。
鍋焼きうどんを食べましたがなかなか美味でした。今度は別のうどんを食べに行きたいですな。

帰ってきて、本を読みながら休もうと思ってもまったく寝られず・・・

まぁ楽しかった。
牧場見学についてはこれで終わりです。
あと、気が向けば番外編で5月13日のノーザンホースパークについても書きますかね。

ここまで読んでくださった皆さんありがとうございました。

次は6月のツアーですな。
もう少し、今の職場にいられればある程度休みを自由に取れるので
こうやっていい感じの頻度で北海道に来れるんだがな。
今後の私の人生が少しだけ左右される期間がもうすぐやってくる・・・

番外編へ





トップページ > Special issue 2012年5月CVF訪問記(その3)