トップページ > Special issue 2012年5月CVF訪問記(その1)

2012年5月CVF訪問記 2012年5月11〜12日(その1) 


春の北海道・・・去年はツアー最初だったっけ?忘れた。
今回は5月13日に行われるノーザンホースパークマラソン2012に参加するため
休みをずらして取って、BRFとCVFを訪問することにした。
天気は曇天で雨もぱらつき、いい日和とはいかなかったが、いろいろ考えさせられる訪問でしたね。

その2へ

今回の旅は10日の夜に中部国際空港から新千歳空港、そして札幌に・・・
当初の予定では、10日の朝の便で行く予定だったのに、仕事の都合で夜の便に変更。
でも、11日からの牧場訪問時間は削りたくなかったので
飛行機の時間以外は当初の予定のままとすることに。
そんなわけで、すすきのは十分に楽しんではおりません。

まぁ少しは楽しみましたけど(笑)

で、翌日札幌でレンタカーを借りて出発・・・
何気に日高道を走っていたら、終点で様子がおかしいことに気づく。

「あれ??道路が延伸したの?」

後で調べてみたら日高富川から日高門別まで数キロ延伸してました。
ただね〜これによって当初予定してことを取りやめることに・・・
この延伸でいずみ食堂の前を無意識のうちに通り過ぎていたんですよ。
だから、本当はいずみ食堂で昼食の予定だったのが
「あれ?いずみ食堂が見えない・・・」とか思っているうちに
途中で「もしかして通り過ぎてる??」と思いつつ引き返すのも面倒だったから
結局静内でとんかつを食べることに。結構いくとんかつ屋なのでまぁいいかと。

その後、明和へ・・・
まずどの馬がどこにいるかを確認する。
今はラフィアン馬が明和か真歌か浦和にいるのでわかりやすくなった。
で、たまたまマイネルロガールとディーンが同じ厩舎(パーク)にいることがわかったのでそこにいく。
厩舎のボードで確認するとロガールが昼夜放牧、ディーンがウォーキングマシンだったので
まず、ロガールと遊ぶことに。
 
ロガールは放牧地の真ん中で草を食んでいましたが
私が柵の外から近づくと寄ってきてくれました。
なかなかメンコイ奴です(笑)
 
  ロガールビンビン物語

多分、これで半だち(爆)
 
  なかなかおとなしくて
何枚も写真を取らせてくれました。
なぜか私のお気に入りのショットがこれ。
この写真の下では鼻を撫でております。
 
そうこうしていると、パーク厩舎のほうにぼろいワゴン車が向かっているのが見えた
「あれは多分、ウォーキングマシンから馬を出すんだな?」と直感で感じ
ロガールとの別れを惜しみつつも、厩舎に向かう。
そしたらビンゴ、ウォーキングマシンにいた私のところにスタッフがやってきたので聞いてみると
「ちょうどこれから出すところです。」とのこと。
スタッフから「写真撮られますか?」と聞かれたので
「いいですか?〜」と聞くと「もちろん、いいですよ〜」というお答え。
まぁ言われなければ、自分から言ってたけどね(笑)
 
スタッフの話では
「屈腱炎ではないが、屈腱炎の一歩手前の症状が見られたため、大事をとって休養した。今はもう大丈夫。復帰時期は決めないで乗り込んでいく(要旨)。」とのことです。「モヤモヤ感ですか」と私が聞いたら「モヤモヤともちょっと違って・・・」といわれましたね。まぁ早めの対処をしてくれたので大事に至らなかったといったところでしょう。
私は体が大きくなったように見えましたが「体重は430キロぐらいとそんなに変わってない」とのこと。まぁ450ぐらいほしいけど、こればっかりはね。筋肉がつけば戻るでしょう、多分。
 
隣にいたので、マイネルエトランゼを撮ってきました。
まだ、糸が取れていないということでしたが
糸が細すぎて写真をとりましたけど
確認できないぐらいでした。
私が見ていた数分の間一回も飼い葉桶から
顔を上げてくれませんで・・・(苦笑)
パーク厩舎でスタッフさんと話をして、明和を後にする・・・
いや、この2頭しか明和にいなかったもんで。
その他はすべてトレセンか鉾田・・・ありがたいですな〜
まぁラフィアン馬が減っているのも原因かと思いますけどね。

で、その後CVFへ・・・

その2へ




トップページ > Special issue 2012年5月CVF訪問記(その1)