トップページ > Special issue 2007年BRF訪問記(その2) 2007年12月26日(真歌、明和)


2007年BRF訪問記(その2) 2007年12月26日(真歌、明和)


社長現る!

12月27日へ

去年のちょうど同じ日の訪問記(こちらに行かれましたらブラウザの「戻る」で戻ってきてください)・・・
こんなことを書いてました。

ゲストハウスで寂しく朝食・・・いつも決まってトースト2枚とコーヒーと目玉焼き・・・
たまごもキチンと賞味期限切れてないし、お客が少なくなってもキチンと管理してある様が良いですな。
・・・当たり前か(笑)まぁでも・・・当たり前のことを当たり前に出来ることは重要だと考えておりますので・・・

なんか2007年の出来事を予期していたかのような言葉・・・
そうなんですよね。当たり前のことを当たり前にすることって大切なんですよね。

さて・・・いつもよりも遅めの朝食をとった後、真歌の事務所へ。
そこで、いつもどおりスタッフごとの調教の順番を確認し、「私の目当ての馬はいつ走るかなぁ?」と見ていると

洗い場から社長が!!

まさか会員さん(私のこと)がいるとは思ってなかったらしく、びっくりされていたようで
「あっ!どうも。おはようございます。」と御挨拶。

どうやら、真歌の様子を見にこられたようで、ここから約一時間・・・社長を独り占めにして
色々な話を聞くことが出来ました。

本日の調教メニューボードを見ていると、マイネシンデレラの06が最初の組で乗ることがわかったので
「これ(マイネシンデレラ06)は最初に乗るんですよね?」と社長に聞くと
社長は「そうですね。これから一緒に見に行きますか?」とありがたいお言葉。
私は心の中で「やった〜HPのネタが出来る!」(笑)と思いつつ「いいんですか〜?」とオッケーの返事。
早速、社長の愛車に乗って真歌の調教見学場所まで・・・
現地に着いて私が降りようとすると「寒いんで、このまま(乗ったまま)で見ましょう。」とありがたいお言葉。
いや〜嬉しい話だわ〜と感激して、調教が始まるまでの間、色々お話をした。
会話が続かなくなれば、私から色々聞こうと思っていたのですが、
社長から色々な質問を受けたので覚えている範囲で書き出します。順不同です。
社長「会員さん(最初のうちはこんな感じで質問を受けた)、会員歴はどのくらいですか?」
私「そうですね〜8年目ぐらいですかね?」
社長「大体毎年何頭ぐらい出資されていますか?」
私「そうですね〜多いときで8頭ですね。平均で年6頭ぐらいでしょうか?」
社長「あっ、それは多いですね〜すいません。お名前は・・・と」聞かれた後
社長「失礼ですが、linkさんは御結婚されていますか?」
私「いえ、まだしてません。もうすぐする予定ですが。」
社長「そうですか〜いえ、年8頭というとかなり多いから、
    結婚されていればかなり理解のある奥様でないと厳しいと思って・・・」
私「あぁ〜やっぱりそういうもんなんですか〜私は大体年間60万ぐらい損をしてますね。
   調子のいい年は30万ぐらい(の損)になったりしますけど、なかなかそれ以上いきません。」と
   とりあえず、普通の会話。

確かこういう会話をしているときにマイネシンデレラ06御一行様が坂路を登ってきた。
社長が説明してくれた。
社長「一番前の左側の葦毛がシンデレラ(06)ですね。抑えていますね。
    このくらいのペースなら楽についていけますね。」とありがたいお言葉。

そうして色々な馬が目の前を通り過ぎていくのを見ながら、
さらに話を続けます。
社長「linkさんは、どこか別のクラブに入られていますか?」
私「いえ、私はラフィアンだけです。色々入ろうと考えましたけど、結局私にとってラフィアンが一番あってると
  判断してラフィアン一本でやらせてもらっています。」
社長「そうですか〜ありがとうございます。それでうちだけで良いと判断されたのはどういう理由ですか?」
私「やっぱり、数多く走ってくれること、勝ち上がり率が良いこと・・・ですかね。走らないと面白くないですから。
  馬が活躍するかどうかは、自分の馬の選び方如何で決まるので、あまり深く考えたことはないですね。
  自分の選んだ馬が活躍しないのは自分の馬の選び方が悪いので、損をしていることに関しては
  なんとも思いません。」とかっこいいこと言ってみました(笑)
社長「ありがとうございます。ほかにどういうクラブを検討されたかよろしければお聞かせください。」
私「ん〜そうですね〜キャロット、東京サラブレッド、後は社台ですかね。キャロットは良いと思ったんだけど、
  故障率が高いように感じるので止めて・・・社台も考えたけど、走らなかったときのリスクが
  私には高すぎると思って止めました。」というと、社長はうなずいてらっしゃいました。

私が思うに、他のクラブのことについて会員さんからリサーチをして
ラフィアンに取り入れるところは取り入れようと考えて、おそらく色々な人から意見を求めたりしているのでは?
と感じました。
でも残念!!私はマイネルマンセーの男でございますので全く参考になりません!社長!(爆)

それから、真歌の厩舎に戻って社長と二人でマイネシンデレラ06の様子を見に行った。
  逆光ですいません。
マイネシンデレラ06調教後のシャワーの時間に激写
社長が「Hクン、この馬どう?」と聞くと
「動きはいいですね。何も言うことありません。
性格ですが、人に対しては従順で素直です。
ただ、馬に対しては、放牧地で他の馬をなでていると
近寄ってきて、『私を撫でなさい!』みたいに
自己主張してきます。女王様みたいな感じですね。」
と、ありがたいお言葉。
このくらいのほうが競走馬としては良いでしょう。
競走してくれる闘争心がないと意味ないっす。
それが一番問題ですが(笑)
 
その後、別の別の洗い場に移動したり、調教してきた馬が戻ってきたところをクールダウンさせる
トラックコースに歩いていったりして、話をした。

まず・・・どれからいきますかねぇ〜
ゲーゲンについて
私「ゼーゲン持っているんですけど、引退させますか?」
社長「あっ、あれはもう引退です。(あっさり)」
私「そうですか〜ありがとうございます。」(すいません、ありがとうございますって言っちゃいました)
社長「この前、奥平先生と話をしたんですが、先生も『すいません。』っておっしゃってました。
    私は『いえいえ、先生のせいじゃないですよ。』って言いましたけど・・・」
私「私もゼーゲンに関しては先生のせいじゃないと思いますよ(笑)」
社長「先生もマイネル関係ではまだ1つしか勝ってない、しかもその1勝はコスモ(コスモトノ)ということで
    マイネルではまだ1つも勝ててないから。気にされているようでした。」
私「いや・・・私はめぐり合わせの問題だと思いますけど・・・」
社長「先生は『地雷踏んじゃった』っておっしゃってましたよ(笑)」
私と社長「(大笑)」
いや・・・デリュージは事故で運悪くといったところですが、
ロブソンとゼーゲンは明らかに能力が足りないのは目に見えてわかったから・・・
上記2頭出資していた私が言うんですから(爆)
決して先生のせいじゃないでしょう。
むしろ、先生がマイネルとの縁を切るほうが私としては怖いです。
くっそう〜どうしようかなぁ〜
こうなったら当たりを引くまで奥平厩舎の馬を買い続けるかなぁ〜
まだ1歳馬で残っている馬いるんだよねぇ〜
後で書きますが、翌日明和で調教見たときにパワフルな動きをする馬だなぁ〜と思って
降りてきたときに馬の名前を聞いてみるとザラストワード06だったんですよね。
まぁ・・・どうせ最後まで余るでしょう・・・

あとは、調教から帰ってくるときのクールダウンで
トラックにおいてあるゲートに馬を通して洗い場のほうに向かっていました。
私「こうやってゲート練習してるんですか?」
社長「そうですね。ゲート練習というか、ゲートの慣れさせるためですね。
    本当は厩舎にやって欲しいのですが、なかなかやってくれないみたいで・・・」
おっと〜ここでさりげなく厩舎批判ですか?社長?(爆)
でもこうやって日々の少しの努力を積み重ねることにより、マイネルの馬は
ゲートで暴れることなくスムースにインできるようになってくわけです。
まぁこういう小さなことからコツコツやっていってはじめて大きな成果になるんですよね。

まぁゼーゲンの早期引退の話が出たので、ちょっと馬の運用について聞いてみました。
私「以前は結果が出なければすぐに引退させているように感じましたけど
  最近は、立て直して何とかしようという馬が多くなったように感じるんですけど?」
社長「別に意識してそうしているわけではないですよ。私がだめだと思ったら引退させるし、
    まだ何とかなりそうだと思ったら続行させるし。」
私「ということは、前社長と社長では感覚が少し違うと?」
社長「ん〜どうなんでしょう。それはわかりませんが・・・ただ、自分がだめだと思って引っ張っても
    結局皆さんのためにならないし、まだ何とかなりそうと思って引退させるのは
    会員さんとしても納得いかないでしょうし・・・『もし自分の馬だったらどう考えるか?』を
    常に頭においてやっているつもりです。」
私「なるほど〜」

この後でどういう話のつながりだったか思い出せないのですが、
私が「今年は売り上げが少し落ちてますよね?」と聞いたら、
社長が「いやいや、そんなことないですよ。むしろここ2,3年が異常なだけです。」とおっしゃってました。
続けて「もし、全く売れなくても自分で走らせるから問題ない。」と前社長の言葉を
そのままおっしゃっていたのが印象的です。
結局、馬の運用に関してはいかに自分の気持ちとクラブの運用の仕方が一致するかで
そのクラブに対する印象が大きく変わってくるということなんでしょうね。

それと、洗い場でマイネセルバ06の担当者に「セルバどう?」と声をかけられて、
担当者が「うぅーん、変わってこないですね。」といったあとに私に・・・
社長「セルバ(06)はラロンハと同じ配合だから、変わってくるのを期待しているのですが・・・」と
いわれたので、ラロンハの話を・・・
私「ラロンハはすごい勝ち方しましたね。あれはオープン行くでしょう?」
社長「そうですね〜最初からダートのほうがいいと思っていたんですが・・・」
私「あれ?最初の2戦を芝で使ったのはこちらがお願いしたからではないのですか?」
社長「いえ、緒戦を負けた時点で2戦目はダートでお願いしていたのですが、
調教師が『距離を短縮してもう1度芝を使わせてください。』といってきたので、
ではそうですかということで・・・結局、調教師の先生も『馬のこと・・・本当にわかってるの?』という
方もいらっしゃいますからねぇ〜・・・」
はい、キター。厩舎批判その2!
じゃ〜そんな厩舎には預けなきゃ良いのに・・・と思いつつ・・・

あとは、話の流れは忘れましたが東京サラブレッドクラブについて話をしました。
社長「オーナーさんがイベント会社の社長さんで、羽振りが良いみたいで
クラブを立ち上げたみたいですね。私もカタログを見ましたが、補償率が我々と一緒なんですよね。
あの値段で、この補償率・・・本当にやっていけるんだろうかと、人事ながら心配です。」とおっしゃっていました。
相当自分たちのやり方に自信があるようですね。
私も、ゴールまでの道は一つではないと思いますし、
マイネルはマイネルのやり方を貫き通して欲しいと思います。
それについていく人がいなければ、それはそれでビジネスとして終わりですから。
私はある程度の成績が残せている現在ならば、大丈夫だと思いますよ。

あとは・・・順不同で申し訳ないですが、レガシーウィンド06の厩舎の話。
真歌にあるボードに馬の名前のマグネットがあり、厩舎が決まっているものには
厩舎名が書いてあります。
レガシーウィンド06について、厩舎名が書いてないので社長に聞いたら・・・
「決まっているんだけど、開業予定厩舎だから未定にしている・・・と思います。」とのこと
なので、今年開業予定の厩舎になると思います。
発表までゆっくりと待ちましょう。
ある程度は絞れますけど、誰になるかはわかりませんからね。
あと参考までに・・・カリスタオパール06の厩舎は公式では未定になってますが、
真歌のボードには「粕谷」って書いてありました。
調べてみると、今年美浦で開業予定の先生で、結構良いところで修行しているみたいですね。
これは良いかもしれません。
レガシーウィンド06も早く教えて欲しいものですねぇ〜

まだ色々あったと思うのですが、思い出せない・・・

1時間ぐらい話をしての私の印象ですが、ツアーやパーティーで見せるオドオド感はなく、
しっかりとした話し方をする方だなぁ〜という印象です。
私はお父さんの馬見に達することはまず不可能だと思っていますが、
息子さんには会社を経営していくうえでの融通性があるように感じられました。
ですので、私はセゾンよりもラフィアンのほうがいい成績を収めることの出来る馬が多く出ると思います。
馬はセゾンのほうがいい・・・でも、成績はラフィアンのほうがいい・・・
こんな感じでしょうか?
非常に好感持てました。私は東京サラブレッドクラブに浮気して入らなくて良かったと思いました(爆)

色々写真を撮ってきましたので、載せておきますね。
マイネルローグです。
たくさん厩舎外パドックにいましたが
ローグだけはいつもくっついてくれました。
マイネマシェリです。
にらまれてアッカンベーだって・・・
ひどい仕打ちだ・・・(苦笑)
マイネシンデレラ06です。
調教→ウォーキングマシンでクールダウン→
ミニパドックで日光浴・・・
ソラーラ06(明和にて)
レイクワース06と放牧されていました。
前日はミホグレース06だったと思ったんですけどね。
きれいな栗毛です。
強くなれば人気が出てくると思いますよ。
ステイゴールドです。
かなり気が立っていたようでした。
脚で土を「ガリガリ」やってましたね。
ザナック06です。
4頭同じ放牧地にいましたが
一番おとなしく感じられました。
隣の馬(誰か忘れた)に突付かれる図です。
 
昼から明和に移動して1歳馬や休養している古馬たちを見て回りました。
広くていい運動になりますよ・・・BRFは・・・
たくさん写真取ったけど、誰が誰だかわからないものが多い・・・
一応判るものだけピックアップして載せています・・・
いつもどおり勝手に見て回って、勝手にゲストハウスに帰ってきたら
妙に疲れました・・・
さて・・・HPの更新作業でもするかと思っていてパソコンを立ち上げたものの
少し横になって休んでからにしようと思って、ベッドに横たわると起きたのが・・・夜1時・・・
確か横になったのが8時ぐらいだから・・・・5時間寝とる(爆)
結局歯磨きをしてまた床につく・・・・

次の日に備えて・・・


12月27日へ



トップページ > Special issue 2007年BRF訪問記(その2) 2007年12月26日(真歌、明和)