トップページ > Special issue 2007年BRF訪問記(その1) 2007年12月25日


2007年BRF訪問記(その1) 2007年12月25日


新千歳空港に降り立った時・・・今年は暖冬だと実感しました。
今気づきましたが全く去年と同じ日程で旅をしています・・・

12月26日へ

ホームページを作成するときに、最初にある程度のものを作ってしまえば(これが大変なんだけど)
あとは、同じものをコピーして流用するとものすごく楽に作れます。
このページは去年(2006年)のものを使用しております。
日付が全く同じだった・・・

さて、毎年1度以上はBRFに行っている私ですが、いつも行き着くまでのルートが違いまして
去年は中部国際空港(セントレア)、今年は神戸空港からです。
かなり色々な空港から移動しました。交通機関の乗り継ぎにも強くなりました。いい事です(笑)

さて・・・今年は1歳馬の残り物を物色するという目的を第1義として行動しようと考えました。
そこで、先週金曜日(12月21日)の時点で私が欲しかった58番マイネノエル06について
BRFの事務所到着後に携帯電話で聞いてみたところ・・・「満口です」という返事。
・・・遅かったか・・・でもしょうがない。諦めます。
・・・これは走るパターンですよ!!出資した皆さんおめでとうございます!(爆)

まぁしょうがないということで、気を取り直して・・・

着いたのが3時半ということでそんなに時間がなかったので
明和のパーク厩舎(?)に行ってみることに・・・そうすると・・・

レギメント発見!!

ん〜元気に飼い葉を食べているなぁ〜と思ってみていると・・・
「あっ!レギメントの会員さんですか?どうぞ〜」と鉄の扉を開けてくれて
仕事をしながら少し話をしました。(ちょっとうる覚え)
私「もう乗られてるんですか?」
スタッフ「えぇ、もう2週間ぐらいですかね」
私「レギメントに乗ったことありますか?」
スタッフ「えぇ、今日も乗りました。」
私「おっ!そうですか〜どうですか?」
スタッフ「いいですね〜もう1つは勝てると思いますよ。もうオープン級の馬体です。」
(怪我をしなければという前提で)
ん〜いい感じ・・・
私「まだ、精神が体に追いついてないんですかね?」
スタッフ「いや、そんなことないと思いますよ。休養して非常に良くなりました。」
私「いつごろは入れそう(入厩できそう)ですかね?」
スタッフ「一月中には入ると思いますよ〜どこも悪いところないです。」
私「ありがとうございました〜」
スタッフ「では、帰るときにはこの扉を閉めていってくださいねぇ〜」

ということでした。
かなりこのスタッフの方も期待しているようでした。
復帰戦が非常に楽しみですね。写真は左下。

自由に・・・セルフサービスで馬が見られるところがBRFのいいところですな。
よその牧場だと「扉を勝手に閉めてくれ」なんて絶対言わないだろうなぁ〜
私はこのセルフチックな感じが大好きですけどね。
  レギメントです(左)
思っていたよりもおとなしい仔でした(笑)
 
それから種牡馬を見て回りました。
去年見たタイムパラドックス、マイネルラヴ、マイネルセレクト、ロージズインメイなどのほかに
去年はタイミングの関係で見られなかったゼンノエルシドやアグネスデジタル、
確かどこかとシャトル供給しているステイゴールドなどを見ました。
特にステイゴールドは今link厩舎をほぼ一人で支えているといっていいレーツェルのお父さんなので
思いっきり拝んできました(笑)
ファンからの贈り物と思われるお守りもたくさんありましたね。
ステイゴールドは現役時代からファンの多い馬でしょうから。
ステイゴールドです(右)
悠然と構えていましたね。
私は牧場でフラッシュは、たかないのですが
間違ってこの1枚だけは、たいてしまいました。
ただ、全く驚くことなく悠然としていました。
非常に頼もしいです(笑)
その後は、あまり時間がなかったので事務所前の厩舎でぶらついていると
アンサーとソラーラ06を発見・・・でも、ご飯に夢中で一度も振り向いてくれませんでした・・・
ということでこれは明後日再び明和に来たときにパドックで写真を取りたいと思います。
そのとき見て回ったら、なんか募集されていない馬が多くいるところでした。
それで後で携帯で一口馬主掲示板を見てみると・・・
「今年も英国ダービーに登録している馬が・・・」という記事が・・・
そのソースを見るとラフィアン募集馬の3頭のほかにも
アンブライドルズソングの牡馬やエンパイヤメーカーの牡馬・・・それにミホグレース06も・・・
ん〜厩舎を見て回っているときにはそんなに気にも留めてなかったけど
そういえばそんな馬が明和にいましたよ。
しかも、ミホグレース06は明和でおそらく一番大きな放牧地をあてがわれていました。
これはかなりのビップ待遇ですなぁ〜この馬走ったらまた文句出るんだろうね(笑)
でも私は、その大きな放牧地に一緒にいる馬がソラーラ06ということで非常に気分を良くしましたので
ちょっとそれはそれで満足した一日でした(爆)

私は安い男ですので、簡単に満足してしまいます(大爆)

そうこうしているうちに夜が更けてしまい(5時でかなり暗い)、真歌に向かいチェックイン・・・
やっぱり私一人・・・・
こんな時期に来る人はあまりいないのかな・・・
と思ってゲストハウスのゲストブックを見ると・・・12月25日・・・今日の日付でどなたか書いておられました。
おそらく今日チェックアウトして昼ぐらいに書かれたのでしょう。
久しぶりに誰かほかの会員さんとお話できると思っていたのに・・・
・・・とゲストブックをぱらぱらとめくりながら流し読みしていると
そこにはジュレップの新馬戦の競馬新聞の切抜きがあり、その下の単勝馬券が・・・
競馬新聞をめくってみてみると・・・・新馬戦時のマイネルジュレップの単勝「100,000円」・・・・
しかもコピーじゃなくて本物・・・・
いや・・・やっぱり一口やる人って金持ちが多いんだなと・・・
こういう人たちとポイント勝負していくのはかなりつらいなぁ〜と・・・
思った次第ですわ・・・ハイ・・・
しかし俺なら車に積んでお守りにしますけどね・・・・
外れた馬券 → 当たりでない馬券 → 当たらない馬券 → 当たらない=車に当たらない=事故らない!
しかも10万だから御利益がありそう(爆)

そして、今ゲストハウスでこの記事を書いています。
今回はパソコンを持ち込んでモバイルでHPを更新しようと思ったのですが
FOMAの電波状況が悪く、途中でよく途切れます・・・

何とかがんばって更新します!


12月26日へ



トップページ > Special issue 2007年BRF訪問記(その1) 2007年12月25日