トップページ > Special issue 2006年BRF訪問記(その2) 2006年12月26日(真歌)


2006年BRF訪問記(その2) 2006年12月26日(真歌)


奥平先生とお話ししておけば良かった・・・

12月26日(明和)へ

前日9時半に寝たもんだから5時半に起きた(笑)
完全にジジーですわ・・・
ゲストハウスで寂しく朝食・・・いつも決まってトースト2枚とコーヒーと目玉焼き・・・
たまごもキチンと賞味期限切れてないし、お客が少なくなってもキチンと管理してある様が良いですな。
・・・当たり前か(笑)まぁでも・・・当たり前のことを当たり前に出来ることは重要だと考えておりますので・・・

朝7時半・・・真歌の事務所へ・・・
真歌のKさんが今日の調教馬を出身メンバーに振り分けているのをずっと見ている・・・
とりあえず、見たいのはリアルラヴとケイアイベール・・・
・・・今不思議に思った人いましたね?そう・・・リアルラヴはまだ出資していません。
最近の私の傾向としては・・・もう出資してしまった馬よりも今後出資する馬の話を聞きたいと・・・
もう出資してしまったら、ラフィアンにお任せですよ。煮るなり焼くなり好きにしろって感じです(笑)
それよりも、今後お金を出すかどうかを判断するために色々ときく・・・
この方がよほど有効であると考えリアルラヴの調教が見たいといいました。
・・・ここでボーンヘッド・・・リアルラヴの写真とってねぇ〜・・・・
とったと思ったんだけどなぁ〜まぁいっか・・・・
調教前の馬装でスタッフにお話を聞いた・・・
「この馬良いですよ。もし私が一口買うならこの馬を買う。まだ余ってるんですよね?
だったら様子を見られても良いかもしれません。何で売れないのか不思議です。」といわれました。
「多分厩舎じゃないですかね?」というと「厩舎どこですか?」と聞かれたので「柴田見です。」と答えると
「あぁ〜マサミ先生ですかぁ〜」といわれましたけど、そんなにスタッフは悪い印象ないみたいな感じ。
まぁ私も厩舎は思いっきり不安なのだが・・・もし出資したら目をつぶったと考えてもらって結構です。
はっきりいってかなりの好感触でしたね。
まさかこんなに褒めちぎられるとは・・・ただし断っておきますけど・・・
その方もいってましたけど「1200万なら出資金ぐらいは回収できますよ」というレベルですからね!
この辺をはき違えないように・・・
スタッフが良いといってもそのくらいのレベルと考えても良いと思います。
調教も見ました。
その日は前日までの天候不良で馬場に入れるのが久しぶりだったようで
軽く乗ったという感じでしたが、あとで聞いてみると「あのぐらいのペースだと押さえるのに苦労する」らしいです。
いや〜これはなかなかですわ。補償があるので2月28日まで様子を見ます・・・
そしてもう1頭のケイアイベール・・・実はその時点では一緒に調教していて先頭走っていたのが
ケイアイベールであることに全く気付かず・・・
あとでリアルラヴの担当の方が調教から戻ってきて調教後の運動が終わったあとに・・・
「これ、ケイアイベールです。」と教えてくれまして、写真を撮りました。
  ケイアイベールの調教後立ち姿です。
騎乗したスタッフ曰く・・・
「いや〜いきたがっちゃって・・・(苦笑)
でもこの時期で13(1ハロン)とか出せるから
走りますね。ただ、掛かり癖がちょっと・・・
体は小さいですね。良くも悪くもステイゴールドと
いった感じでしょうか?」
いや〜これも好感触ですわ!
この気性がコントロールできるようになれば・・・
楽しみですな!
 
何かみんな走るっていわれるからもう嬉しくなっちゃって(爆)
ちなみに・・・リーディングクインの調教は見忘れました・・・
まぁ出資したあとなのでどうにでもなれといったところですか(笑)
あとは真歌にいる馬を何頭かとってきました。・
マイネルシュバルツです。
この馬に関しては衝撃の事実が・・・
マイネルアルドーレです。
マイネルトラヴェルです。 マイネルティーダです。
マイネルグラナーテです。 マイネルジュネスです。
 
珍しく自分の愛馬以外の馬を撮影しました。
リアルラヴとケイアイベールが誉められたから気をよくしたのでしょうね(爆)
さて・・・マイネルシュバルツですが・・・
Kさんに・・・「1月中には入れそうですかね?」ときくと・・・
「なかなか高橋先生が入れてくれないから今転厩先を探している」とのこと・・・・えっ?転厩??
いや・・・確かに入れてくれないんだけど・・・・
今日の近況でもそれを臭わせるような感じでしたけどね・・・・
「高橋先生がゴーを出せばいつでも入れるよ。」だってさ。
ん〜別に高橋先生のことを嫌いではないし、この話を聞いても嫌いにはならんのだけど
正直なところ「シュバルツを捨てられるほどの偉そうな厩舎だとは思わない」ですな。
まぁそんなことやってると厩舎成績がドンドン落ちていきますよ・・・・

・・・で何をするわけでもなくたたずんでいると奥平先生来場・・・
何か2名の取り巻きがいたから話しかけるのを止めたけど・・・話をしておけば良かった・・・
こんなチャンス滅多にないのに・・・・
そして疲れたのでゲストハウスのロビーで休んだあとに昼飯を食べて明和へ・・・
昼はラーメンだったんだけど、店の名前覚えてない・・・
いや・・・まずくはなかったんですよ。うまかったですよ。念のため。
ちなみに味の時計台ではありません(爆)
そして明和へ・・・・


12月26日(明和)へ



トップページ > Special issue 2006年BRF訪問記(その2) 2006年12月26日(真歌)