トップページ > Special issue2005年BRFツアー(その1) 2005年6月25日


2005年BRFツアー(その1) 2005年6月26日


2005年度BRF生産馬情報へ

土砂降りの雨・・・・
つまらんお話・・・聞く価値全くなし!

6月26日へ

 
マイネルウェルスです
素人目にいい馬体になってきた気がしました
マイフレンド04です
なかなか雄大な馬体でしたよ
マイネペルレ04
出っ歯かどうかはわかりませんでした(笑)
ファビュラスクライム04
じっとしてなくて・・・(苦笑)
  
職場のみんなには「物好きだな」とか・・・
「お前も懲りないな・・・」とかいろいろいわれ・・・
それでもきちんと正規に休暇をとり・・・
去年の反省を活かしてフェリーで行ったツアー・・・
疲れた・・・
もちろん楽しかったのだけど、それ以上に疲れた・・・

北海道の広い道を安全運転・・・ゆっくり走ってたからバンバン抜かれたな〜(苦笑)
到着後弁当をもらって食べたあとに受付を済ませる・・・
ここでもらったパンフレット見て愕然・・・
「なんだこの厩舎は・・・」
狙ってる馬がことごとくひどい厩舎・・・もしくは未定・・・

実は最初にゲロっときますがこの時点で私の出資申し込み馬は決まりました!!(大マジ)

いや〜こんなに簡単に出資馬が絞れて、ラフィアンもホント商売上手ですな〜
今厩舎が決まっている馬よりも未定のほうが期待できる馬だとは思います。
でも怖いんでね・・・避けます。
私に資金に余裕があれば話しは別ですが、限りがあるので多くの条件により当てはまる馬に出資しないと・・・
あとは確認だけ・・・
でも気になる馬はすべてチェックします。せっかく来たんだもんね。

ツアー展示が始まりました。
今年は外(種馬厩舎前の芝生とその周辺)で行われるようになったのが大きな変更点
で・・・去年ツアーに行った人はわかると思うのですが
2日目に比較展示ってありましたよね?
20頭ぐらい同時に馬を持ってきて、馬を見比べられるってやつ・・・
今年は最初の展示時に同時にしてしまおうということで
図に描きます・・・


スタリオン厩舎
                2 ここから入って展示 ↓       1 ここで展示まで待機














展示場
(芝生の上)


















 
2厩舎
(募集番号1〜20までの馬がいた)



1 まず10頭待機・・・
2 1頭ずつ次期社長の解説でご説明・・・
3 その後また待機・・・
4 でまた違う何頭か(8から10頭ぐらい)をつれてくる・・・

こんな感じでした
もし!雨があんなに土砂降りでなければ!!
この試みはとてもよかったと思います!!
人によっては「雨が降ったときのことをまったく考えてないじゃないか!」という人もいそうですが、私はあの試み自体は評価したいですね。
ただ問題は・・・
やっぱりあの社長の変わりは荷が重過ぎるよ・・・次期社長には・・・
初めてということを差し引いても・・・まあしょうがないのだろうが・・・
たまにいうギャグもすべりまくりだし・・・
それがさらになんというか・・・場を辛くさせたというか・・・
もう最初の1,2頭の説明で「これは聞く価値がない」と判断しましたよ。
だから私は雨でずぶぬれになりながら、比較展示のほうで馬を見ていましたよ
スタッフもあんなにずぶぬれで・・・
それでも私の質問に丁寧に答えてもらって感謝です。
もし晴れだったらもっと皆さん動いて馬を見たのでしょうが
ほんとにひどい雨だったので、皆さんテントでじっとしてらっしゃいましたね〜
あれはしょうがないでしょう
私は商売柄こういうのに慣れてますから!(笑)
で・・・
かみまくりの次期社長解説も終わり・・・場内から一斉の拍手・・・
「最後までよくがんばったね!」といったところだろうか??
なんかあの拍手はちょっと聞いていて悲しくなったのは俺だけだろうか??

その後・・・場所を去年までの展示会場だった屋内運動場に移してパーティー
私は経費削減のために料理を仕出しで済ませたものだと勝手に思っていたが
実はまったく違ってまして・・・
去年はウェリントンホテルでパーティやっていたのですが
ウェリントンホテルから明和までわざわざシェフやホテルの従業員を呼んで
料理を作らせていたのです!!
ちょっとびっくり・・・
しかも2,3人じゃないですよ・・・
かなりの大人数・・・おそらく総出では??と思えるぐらいに・・・
これは推測ですがあの人数を明和に呼ぶとなると
パーティー会場をウェリントンホテルでやるよりも経費は掛かっていると思われます。
あとは・・・なぜ展示の後ウェリントンホテルでパーティーしないで
現地でやったか?という理由ですが
これはスタッフのアイデアで・・・
「現地だと移動の手間が省けて時間の節約になるし、それよりも(もし雨が降ってなければ)パーティー会場がすぐそこだから、すぐに愛場の見学にもいけていいかな?」というアイデアからだそうです。
今回はあいにくの雨だったので本当にそのよさが活かせない状況になってしまいましたが、(しかも半端じゃない大雨・・・その時間だけ・・・)
こういう新しい試みは大賛成です!!
きっと来年以降もいろいろ考えてくれることでしょう。
人間考えていかないと何事も進んでいきませんからね!

・・・その中でスタッフの一人とお話をして・・・
あまりその方はこういうパーティーみたいな会場で人としゃべるのが苦手だったようで、私から話しかけて見ました。
私:「こんにちは。お勧めの馬教えてよ」
スタッフZ:「28番がいいって言ってる人多いですね」
そ、それは!!
私が狙っている2頭のうちのひとつではないか!!
いや〜次期社長の言葉よりもこっちのほうがうれしい(爆)
ありがとう!いい話が聞けたよ!!(心の中で)
で・・・その人はこんなことも言ってましたね・・・
「今の3歳馬の成績が悪くてホント申し訳ないです。こんなに成績が出ないと、自分たちのやってることにやりがいが出てこなくなりますね。」(要旨)・・・だってさ・・・
別にこの成績の悪さはスタッフの責任ではないと思うんだけど・・・
自家生産馬がほとんどの社台ならともかく、庭先や市場での取引馬が多いラフィアンの募集馬なら成績のばらつきはあって当然で、むしろここ何年も良すぎたんだよ。
はっきり言ってラフィアンでは社台に勝負なんて今出来やしないよ。
だから君のせいではない・・・君は一所懸命仕事をすればそれでいいんだよ・・・
私もそうだけど、所詮「従業員」は社長の「駒」なんだよ・・・
私たちがわからないところで、いろいろあるんだろうけど・・・
頑張ってくれ・・・・と心の中でつぶやいてみました。
スタッフはいい人ばっかりなんだけどな〜・・・
(ただ全員とは言わないよ。今まで会ったことはないけどたぶん俺と相性が悪い人もいるだろう。もし全員なんて言ったら会報のコラムと同じになるから(苦笑))
あっ!そういえばスタッフで1人新しくきれいな人がいましたよ
Aさんも相変わらずベッピンさんなんですが、同じぐらいきれいな人がいましたよ。
見た感じハキハキものをしゃべる人に見えたし、凛とした感じだったから
かなりモテルと見ました・・・
・・・やっぱ若いのが良いですな〜・・・

いよいよ社長の挨拶・・・
今回のツアーでこれが一番面白かった・・・(いいのか悪いのか・・・)
まずはじめに喋ったのは今年の2歳場から調教方法を変えたことについてなのですが、
「いままで(去年の3歳まで)はうちの馬は「かかる」馬が多かった。それで、今年の2歳馬からは調教方法を変えて、1列渋滞で調教するようにした。それで「折り合い」を徹底して教え込んでいくことにした。それで見てごらん、今年デビューした2歳馬・・・後ろでついていくことしか教えてないもんだから、スタートよくても後方待機ばっかり(笑)
(←俺は笑えね〜よと思ったけど・・・)。でも大丈夫!3戦もすればきっと勝てますから、こんなに弱い馬ばっかりじゃありません!安心してください!だからあんまりネットで書かないで・・・(苦笑)(一同失笑)」(要旨)といわれました。
なんかまさに宗教だな・・・(苦笑)
社長はネットで書かれてること気にしすぎだよ・・・
ほっときゃいいんだよ。別に俺らの書くことなんてさ・・・
俺らは「ラフィアンで出資する価値がない」と判断すれば、やめればそれで済む事なんだからさ・・・
私は2歳馬については楽観視してますけどね〜特に私の出資馬たちは(笑)
重大な故障をしたのならともかく、まだ来年の10月まで未勝利戦はあるんですから・・・
まだファッシノしかデビューしてないけど、あの馬に過大な期待は最初からしてないし、使い込んで使い込んで・・・ノビアのように・・・
それでできればひとつ勝って長く楽しめる馬になってもらいたいものです。

話はそれましたが・・・
社長の話は長い・・・けど面白いね。やっぱり。
まああの話が聞けたからツアーに出た甲斐があったね。よかったよかった・・・
と自己満足しておきます・・・

パーティーが進んで抽選会・・・
今年も何もあたらず・・・でもスタッフの顔写真入りTシャツや
コスモバルクTシャツなんか要らんな・・・
どこで着るんだよこんなもん・・・
狙いはもちろん「30%割引券」!!・・・って狙って取れるもんじゃないけどね。
もちろんはずれ・・・
でも面白いことが・・・
なんか会員番号1桁の人が3割引券当たって、なんか壇上に上がってスピーチを始めました。
「また自慢話でも始まるのか〜」と思っていたら・・・
「岡田さんにひとつ言いたいことがある。岡田さん、あんたは調教師じゃないんだから、調教は調教師に任せておけばいいの!あんたは育成だけきちっとやってくれればいいの!」(要旨)みたいなことを言っていた。
先ほどの社長のスピーチで「今年から縦列調教を始めた」云々の話をしていたから、
それについて感想(?)なのだろう。
いや〜誰だか知らないけど(有名らしいが)まったくの同感!!
余計なことはしなくていいよ・・・
BRFは育成・・・ゲート練習や基礎体力向上、「ある程度まで」の仕上げ・・・
そんなもので十分だ・・・
自分がすべてやろうとするからいろいろ軋轢が生じるんだよ・・・
まあ息子さんがもうすぐ社長になるんだろうけど、まじめそうな息子さんは
ある程度人の意見を聞きそうな感じなので、これがいいほうに出ると私は見てますけどね。
馬は勝手にこっちが選ぶから・・・そんなに気にしないでよ。
ほしい馬いなけりゃ買わないし。
いや〜会員番号一桁の人でもそんな風に思ってたんだね・・・
もっとラフィアンの古参会員って宗教じみてると思ってたよ・・・

無事ツアー一日目終了・・・
お誘いを受けたので2次会にも参加し・・・楽しくお酒を飲みました〜
大変ありがたいことです・・・

明日は一日中明和で1歳馬見学・・・
のんびりと見てみよう・・・

6月26日へ



トップページ > Special issue2005年BRFツアー(その1) 2005年6月25日