トップページ > Special issueBRプランニングプレゼンツ 秋の収穫祭潜入レポ


秋の収穫祭潜入レポ


信じる者と書いて「儲」と書きます・・・

9月19日号のギャロップにおもしろい広告が・・・
HPアドレスが書いてあったので打ち込んで行ってみる・・・

岡田繁幸からの挑戦状・・・

原宿でイベントがあって、岡田さんチームと馬券対決をして
勝ったら賞金3万円もらえる・・・ん〜怪しい(笑)
でも多分岡田社長のやることだから、そんなに怪しい集まりではないだろう・・・

・・ということで・・・実際に行ってみた・・・

イベントは9月17日(土),18日(日),19日(月・祝)の3日あって
毎日行ってもいいし、一日だけでもいいというものだったが、残念ながら
18,19は仕事と野球観戦が私の予定に入っていたので17日のみ参加することに・・・
どうやらHPを見ていると先着40名しか馬券対決をさせてくれないみたいだったので、当日は4時20分に起きて、朝一番の高速バスで東京に向かった・・・

原宿に着いたのは朝の8時10分・・・
整理券が朝の8時に配られるということだったので、もう整理券を配っているだろうと思って
会場の「原宿クエスト」にいってみたら・・・

「あれ?本当にここか??」・・・・

一応「岡田繁幸プレゼンツ・・・」の看板があったので、場所はすぐにわかったのだが
全く人がいない・・・
看板に「3F」と書いてあったので、とりあえずいってみようとエレベーターの前で待っていたら・・・
黒いTシャツを着た女性が一人近づいてきた・・・
女性:「イベント参加される方ですか?」
私:「はい、そうです」
女性「ではエレベーターで3階まで上がってください〜」
私「は〜い。わかりました〜」
・・・ということで、やはりイベントは間違いなくここで行われるようだったが・・・
はっきりいって人の気配がまるでしなかった・・・
収容人員が400人限定となっていたので、朝から整理券を求めて長蛇の列でもあるのかと思っていたら・・・
むしろ8時10分では遅かったのでは?と危惧していたのに・・・
実際は全く人がいなくて、エレベーターで3Fにあがって会場に行っても
まだ整理券が配られていない始末・・・
受付の結構いけてるお姉さんに話を聞いたら
いけてるお姉さんに「すいませ〜ん。入場は8時50分からなんですよ〜」と言われたので
私は「では整理券をください」と言うと、
いけてるお姉さんは「え?整理券ですか?配ってませんよ?」と
なんだかHPに書いてあったことと矛盾する返事・・・
「どうも、スタッフ間で意思の統一が出来ていないらしい・・・」と思いつつ、
「わかりました」といってまた会場の外に出ると、エレベーターから来たので気づかなかったが
階段付近に7〜8名の短蛇の列を発見・・・
「これってもしかして・・・」
ということで、もう一度階段を下りて、会場の1Fエレベーター付近にいたスタッフの女性に聞いてみると・・・
「あっ!階段で並んでおいてくださ〜い」だってさ・・・
「やっぱり意思の統一が・・・」と思いつつ・・・しばらく新聞を読んで待っていると・・・
私の後には2,3人来ただけで、結局、開場の8時50分前までに11人ぐらいだったかな?
「早起きして損した・・・」と思いつつ入場・・・
会場はかなり広かったが(400人入れるようにしてあったのだから当然だが)たったの11人だと
必然的に前の方に行く羽目に・・・なんかむなしかった・・・
席について、とりあえずトイレに行こうと歩いていたらなんか見たことある人を発見・・・
ラフィアンの会報に原稿を書いているKさんだった。
実は以前何度かお会いして話をしたことがある。初めてあったのはゲストハウスだったが
そのとき私とKさんしか泊まっていないこともあって、かなり話をさせていただいた。
私は「馬恋慕」はあまり好きではないので読みませんが(笑)、Kさんと実際あっての印象はとても良かったですし
何よりすごかったのは、そう何度も顔を合わせていないのに、私にすぐ気づいてくれたことですね。
以前とは髪型がかなり違うはずなのに、向こうから挨拶していただきました・・・恐縮です・・・
K氏:「こんにちは〜」
私:「こんにちは〜私のことわかります?髪型がかなり違うのに」
K氏:「わかります。わかりますよ〜○○○○さんでしょ?」
私:「いや〜恐縮です・・」
・・・ってな感じで少し話をしてみた。
K氏はちょっとお手伝いに来ていたらしいです。

で・・・いよいよイベント開始・・・
程なく岡田さんともう一人のおじさんが入場・・・
まばらな拍手・・・当たり前だ・・・11人だもん(笑)
とりあえずしゃべりだす・・・
まあいろいろしゃべってくれて、相変わらずエンターティナーとして岡田さんのしゃべりは面白い。
これを聞くだけでわざわざ高速バス代を払ってきた価値はある。
いろいろしゃべってくれたので、最後に「岡田迷言集」として載せます。
要するに・・・
「今回の企画は試みで、これがもしうまくいけば、予想会社を立ち上げて、会費2〜3000円取って、パドックを見るなりしてレースの10分前までに携帯を使って、そのレースで自信がある馬を会員の皆さん配信したい」みたいな感じだったと思う。
「皆さんは数少ない証人ですから、最後までいてください。寂しいから(苦笑)」みたいに言われちゃって
負けが込んだらとっとと帰ろうと思っていたのだが、帰れなくなったじゃない(笑)
そんなわけで岡田さんチーム(以下「チームBR」)と我々(正確には私)との馬券対決が始まった。
ここで簡単にルール説明・・・
1 我々の締め切りはレース本馬場入場まで
2 買い目は単勝3点まで、複勝5点まで
  (HPでは単勝、複勝のみだが買い目は無制限になっていたらしいが変更になっていた)
3 1ベット100ポイントのみしか使えない
  (つまり1レースへの最大ベットは800ポイント)
4 レースは札幌、中山24レースのどのレースでも選べる
5 対象レース全てを買わなくても良い
  (全く賭けなくても良い。要するにチームBRよりもポイントが上ならば賞金ゲット!)
6 イベントの最終レース時に会場にいないと、たとえチームBRに勝ったとしても賞金はもらえない。
などなど・・・

このルールだといかに単勝が当てられるかにかかってますね・・・
私好みのルールです(笑)毎週やってるし(爆)

というわけで馬券対決スタート!
レースの合間にいろいろ言ってますが、それは最後のお楽しみと言うことで・・・

以下がチームBRの全買い目です。

9月17日札幌の買い目

R レース名 単勝ベット
(単人気)
複勝ベット
(単人気)
1〜3着馬番 回収
1 2歳未勝利 7(3) 7(3),11(4) 7-1-3 +610
2 3歳未勝利 12(2) 12(2) 2-8-4 0
3 3歳未勝利 13(2) 2(1),13(2),10(5) 8-5-11 0
4 2歳500万下 11(2) 1(3),5(1),7(4),11(2) 5-1-4 +310
5 2歳新馬 1(1) 1(1),3(3),7(4),11(2) 5-1-3 +310
6 3歳未勝利 - - 11-8-5 -
7 3歳未勝利 - - 1-8-6 -
8 3歳上500万下 3(1) 12(2) 2-3-5 0
9 積丹特別
(3歳上500万下)
6(2) 3(5),4(1),6(2),10(3) 3-4-9 +130
10 グリーンチャンネルカップ
(3歳上500万下)
5(2) 1(3),5(2),10(1) 5-10-1 +750
11 サロマ湖特別
(3歳上500万下)
11(3) 10(1),11(3),13(2) 10-3-13 +280
12 3歳上500万下 6(6),11(1) 6(6),9(4),11(1) 4-2-11 +120
合計 11ベット(-1,100) 28ベット(-2,800) - -1,390
(注)6,7レースはベットせず

9月17日中山の買い目

R レース名 単勝ベット
(単人気)
複勝ベット
(単人気)
1〜3着馬番 回収
1 2歳未勝利 7(2),15(1) 3(3),6(4),7(2),15(1) 3-7-13 +200
2 3歳未勝利 13(2) 8(1),9(3),13(2), 7-8-13 +240
3 3歳未勝利 5(2),11(3) 5(2),9(1),11(3) 5-9-11 +640
4 障害未勝利 - - 2-6(7頭立て) -
5 2歳新馬 2(1),10(5) 4(4) 1-11-3 0
6 3歳未勝利 - - 6-12-13 -
7 3歳上500万下 - - 9-5-7 -
8 3歳上500万下 11(2) 10(1),11(2),12(3) 15-11-10 +290
9 カンナステークス
(2歳オープン)
- - 6-7-9 -
10 葛飾特別
(3歳上1000万下)
10(4) 1(3),7(5),10(4),12(1) 1-6-12 +300
11 ペルセウスステークス
(3歳上オープン)
2(2) 2(2),6(1),15(3) 6-15-1 +290
12 3歳上500万下 8(3) 9(4),8(3),13(5) 15-3-8 +660
合計 11ベット(-1,100) 24ベット(-2,400) - -880
(注)4,6,7、9レースはベットせず

ご覧の通り、札幌6,7レースと中山6レースはみんなで仲良くお昼ご飯を食べたためベットせず。
(といっても我々参加者は投票用紙を受付に持っていけばベットは可能だったが)
中山4レースは障害未勝利戦のためパス。
中山7レースは少頭数なのにマイネルが2頭出るということでパス。
中山9レースは「コイウタが勝つと思うんだけど・・・」と言われた上でパスされました。

この辺が岡田さんの弱さなんだよな〜・・・
馬券と愛馬を応援する気持ちなんぞ別の話だろうに・・・
私は良くやりますけどね、人気時に愛馬をとばした馬券を買うの(笑)
またこれがよく当たるんだよ〜(爆)
・・・まあ俺の馬券自慢なんてどうでも良いですよね・・・ハイ・・・

まあ、マイネルについて買ったり買わなかったりしてると「八百長か?」なんていわれかねないから
その辺を考慮したのでしょう・・・
でも、本人気づいてないかもしれないけど・・・
実は中山8レース(スプレモ)と札幌10レース(シャーナ)にマイネルでてたんだけどね(笑)

はっきりいって馬券としては、堅い馬に賭けることが多くて、取り立てて新鮮さはなかったな〜
ただ、札幌の最終レースでゼウスの単勝にベットしたときはちょっとビビってたけど(爆)
自分の馬がこないと平気で騎手批判するし(笑)ただの馬券オヤジです。

結局、中山と札幌合わせて-2,270ポイントの惨敗!!
いや〜3万儲けたわ〜ラッキーでした〜
早速、池袋でエッチなところにイって半分使いましたけどね(爆)

私は、札幌、中山のそれぞれ1レースを的中して+630になった時点でベットを止めました。
(最後に100ポイント使って結局+530でしたけど・・・)
これでもう追いつけないだろうと思ったから。
実際、負けが込んでくると、点数を多めに買って当たっても取り紙というパターンを続けて・・・
「こうなれば負ける!」っていう典型の負け方でしたので大変見ていて面白かったです(笑)
はっきり言って、ほぼ全レース単複だけ賭けて収支をプラスにするなんていうのは神の領域ですよ。
「皆さんに当たるところを見せたかった。」と言っていたけど、取り紙じゃ意味ないな。馬券は。
でもすごい人がいたんですよね〜私は最終的に全体で2番(+530)でしたが、
私の場合はいわゆる「勝ち逃げ」ですので、馬券的にはうまくいってますが、
イベントにはほとんど参加していなかったに等しいのですよ。
でも・・・ほぼ全部と言っていいほどベットし最終的に+1140(1410だったかも?)人がいらっしゃいました・・・
招待で来られていた早稲田大学の人だったみたいです・・・やっぱりいろいろ研究してるのだろうか?
すごい・・・すごすぎる・・・

・・・でチームBRの調子がすこぶる悪く、参加メンバーで彼らに負けたのが1名だけだったため
Kさんの「はからい」で結局参加者全員に3万円プレゼント!
最後は成績の悪い人から順番に壇上に上がり岡田さんから賞金を受け取って
握手をしてお開きとなりました〜

感想として・・・
イベントとしては面白かったですし、もしまたやるならまた行きたいです・・・が
多分もうしないと思います。
お昼をかなり過ぎても全く人が集まらなかったことで、岡田さんはかなり弱気になっていたようです。
「もっと人来るかと思っていたけど・・・」みたいな感じで・・・
ギャロップのあの1ページでしか宣伝をしていなかったようなのでそりゃ無理でしょう・・・
しかも1週間前で口コミという宣伝も十分に発揮できなかっただろうし・・・
岡田さんは「ブックに載せようと思ったけど、怪しい予想会社と思われたみたいで断られた」という趣旨の発言をしていました。
別の女性スタッフに聞いてみると「いろいろな事情があって、ギャロップしか載せてくれなかった」とのことでした。
やっぱり、巷にあふれている「怪しい予想会社の内の一つ」としてみられたのでしょうね〜

ここまで読んでくださってありがとうございます!
最後に岡田迷言集と題して、イベントの中で彼が発言して、私が心に残ったものを書いておきます
・・・このほかにも言っちゃだめって言われたことがありましたが、言っちゃだめといわれたので言いません。
まぁネットサーフィンすれば、少し読みにくいですが言っちゃだめって言われたことが書いてありましたけどね・・・
探してみてください・・・

岡田迷言集


このイベントには6,700万円かかっている。

ビッグレッドのスタッフにも快く思ってない人がいたが、俺の金だから関係ない。
(決してラフィアンやBRFからお金を流用しているというわけではなく、あくまで自分のお金から出したという意味)

もう息子に跡を継がせる準備は出来ているから、今後何かできないかと思って・・・の試み。

(札幌1レース1番ニシノタカラヅカが2着したことについて)たいした馬じゃないんだが・・・サンデーはすごい!

中山1レース2着馬の単勝を持っていたのでずっと嘆いていた。

アドマイヤカリブはG1を勝てない

中山7レース ザナドゥとアストロンが出走していたので予想せず。評論もなし。

中山9レース コイウタが勝つと思うんだけど・・・ファーマもいるし・・・ということで予想せず

札幌6レース (軸馬が後方からレースを進めたことについて)あんな後ろからじゃ勝てない。何考えてるんだとタダの愚痴。
(それも馬券をとるための予想ファクターの一つだろう・・・と私は思うのだが)

マイネルモルゲンについて
ダートは走る。1600mがぎりぎり。1200〜1400mが適距離だろう。
セレクト級までとはいかないが今のダート界なら勝てるだろう。
芝のG1で仮に2,3着に来ても種馬にはなれない。ダートでもG1を勝てれば意味がある。
しまった馬場の方がいいだろう。メイショウボーラーがライバル。
・・・モルゲンに関しては結構強気な発言が目立ちましたね。

馬券当たらなくて、自信なくした。

もう予想会社はあきらめる。一日ず〜っと集中してパドックを見続けるのは疲れる。

柴山(騎手)をマイネルの専属騎手にしたい。

馬に実力があっても馬鹿な騎手が乗るから、勝てない(勝てないのは馬?馬券??)
(だからそれもまた馬券予想ファクターの一つなんだってば・・・と一人思う今日この頃)

サンデー亡き後社台には負けない!
ローズィーズインメイはゴーストザッパー以外の馬には負けてないし
筋肉の質がサンデーに似ている。
走ると思います(その後「走る確率が高い」とややトーンダウン)

サンデー死んで良かったよ〜(苦笑)
(冗談半分、本音半分といったところかな・・・もし、生きてたら・・・俺がぞっとする)

他にもいろいろしゃべったんだけど・・・
メモを取り損ねたのでこの辺で・・・

一応、この件に関して何か聞きたいことがあれば出来る限りお答えします
ただ、言うなと言われたことは絶対に言いませんので・・・

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もし何か間違いがあればどんどん指摘してください!
・・・でもこれが間違いだと指摘できる人は、イベント初日に参加していた人
もしくはスタッフとして働いていた人に限られますけどね(笑)




トップページ > Special issueBRプランニングプレゼンツ 秋の収穫祭潜入レポ