トップページ > Special issue2004年BRFツアー(その2) 2004年6月27日


2004年BRFツアー(その2) 2004年6月27日


2004年度BRF生産馬情報へ

2日目は2つのコースに別れた
明和で募集馬をじっくり見るコースと
真歌で坂路調教を見て、コスモビューで休養馬を見て、それから明和に入るコース
私は前者を選んだ

6月26日へ

 
タケノアイリス03
牝馬ではこれとミスシャグラがよく見えましたね
写真とるまでこっちをずっと見てくれていました
イブキローマン03
マイネルラヴではこれと
マイネブリリアン03がよく見えました
 
クキィキティー03
ブライアンズタイムならこれ!って言ってましたね
もしくはマイネゴージャスか・・・
遠いですがミスシャグラ03
ミスシャグラ自身も繁殖として買ったみたいなので
かなり期待しているはず(と勝手に私が思ってる)
 
そんなわけで2日目は一日中明和にいることにした
今年は車がないのでどうやって移動しようかと思っていたら
レンタサイクルなんてやってくれていた
確か2年前もあったと思うがこんなに自転車の台数がなかった気がするな〜
しかも自転車でも移動が面倒だという人のために観光バス一台がシャトルバスとなって
明和の厩舎を行き来していた
いや〜至れり尽くせりだが、「自転車があるのにバスに乗る人いるのか?天気もいいのに?」とちょっと不思議に思ってみたりしたが、いるもんだね・・・
そんなわけで遠い順に7→5→4→1→2厩舎と回ることに・・・
まず7厩舎にワッキープリンセスとマイネブリリアン、マイネプリテンダーなどがいた
ワッキーについてスタッフに聞いてみた(イニシャルも控えさせていただきます)
「いいと思います。スタッフの中にもこれを絶賛してる人がいる」って言ってました。
まあ人気ですが・・・私もいく予定にしておりますが・・・
マイネプリテンダーについて
「良い馬ですよ。なんでこの値段かというとまだステイゴールドという種牡馬が結果を出してないからあまり高い値段が付けられなかった。」とのこと。
まあこれはどう考えても無理っぽい

実は話は変わるが私の実績2200ぐらいあれば「どんな馬でも選び放題かな?」と正直思っていた
しかし・・・知り合いの知り合いの会員さんから話を聞いたところそんなことはないそうです
というのも昔からやっている会員さんは1/20とかで馬を持っていたからその名残で5口とか申し込む人がいるらしいです。だからあの御大でさえも実績が追いつかないらしいです。そんなわけで2200ぐらいの実績は一応高い方だが安心は禁物ラインだそうだ・・・
でも私はそれを聞いても今の制度の方がわかりやすくて好きですけどね
抽選枠などという不透明な物は要りません
実際抽選枠が本当に抽選で決まってるとは到底思えないからです
逆に古参会員さんの知り合いの新規会員さんに「ちょっと俺の知り合いだから一口頼むよ〜」とか言って割り込ませることも「抽選枠」という不透明なモノがあれば可能ですから・・・

話が逸れてしまいましたね・・・
で・・・あと7厩舎ではぶリリアン03がよく見えましたね
そのスタッフも「一番ラヴっぽい」と言ってましたし・・・
まああまりスタッフの言うことを鵜呑みにするのはどうかと思いますが、
参考にはなると思いますので、参考までに・・・
まあ当然ですが私は責任持ちません

次は5厩舎ですね
ここは母仔が一緒になってる厩舎でした
今年は「人参をあげてみませんかコーナー」まであって
私も恥ずかしながら人参を食べさせてあげましたよ・・・
でも仔馬にあげようと思っても横からお母さんが横取りするんだよな〜
もしかしたらまだ仔馬は食べられないのかな??
ちなみに私の注目はマティーニ04(スターオブコジーンの牝)とカトリーヌ04(アフリートの牡)です
前者は募集に入れば多分安いと思いますので今から狙っています
妙になついてくれましたし・・・

次は4厩舎ですね
注目はシノクロス、スィートインディ、タカラカンナ、ハローヘレン、かな?
シノクロスをちょうど見せてもらおうと思ったとき
横にいる人が「馬房から出して見せて下さい」といったので「ラッキ〜便乗しよ!」と思って写真を撮った
そしたら結構人だかりが出来て・・・まあ引いていたのが女性スタッフだったからかもしれませんが・・・
まあ良かったですよ。何がいいかって言われても困るんですが・・・強いてあげれば雰囲気かな?
実はこれが結構大事だったりするんですよ・・・

次に1厩舎に行ったがスタッフの姿が見えなかったのですぐに2厩舎へ・・・
数人のスタッフが「ベガならこれ!」と行っていたケイエフペガサス03を見せてもらった
なんか力が強そうな感じです。よさげでしたね
ただこの馬はそんなに早くの満口はないでしょうから様子を見ましょう

そして午後から比較展示といって募集馬を4グループに分けて10数頭を一斉に並べてみてもらって検討してもらうというコーナーが今年から新設されていたみたい。
で感想はというと「ちょっと疲れたけど大変良かった。来年以降もやって欲しいです」
結構日差しが強くてクラクラしたが・・・
北海道で日差しが強いなんて言ってたら、
これから本州で暮らすっていうことはどういうことになるんだろうか?
恐いわ・・・

走行したらあっという間にバスの時間になってBRF明和をあとにしたのだった・・・
車で来ていたら時間に融通効いたのに・・・

帰りのバスの中でタップダンスシチーの強い勝ち方をした宝塚記念を見て・・・
「こんな馬が一口もてたら楽しいんだろうな〜」と思ってしまった・・・
でももし友駿に入会していて総額3000万円一口6万円のプレザントタップ産駒○外が募集されていたとしても私は絶対に買ってないでしょうが・・・
この馬に出資した人たちもまさかこんなに活躍するとは思ってなかったでしょうが
こういうのみると・・・
「一発大勝負は当たるとでかいんだな〜」と感じるね
出資者の皆さんおめでとうございます〜
私も第2のタップダンスシチーを目指して・・・なんていったらやっぱり社台で出資した方がいいとなっちゃうから、やっぱりラフィアンで長くボチボチの成績で地道に頑張ってくれる仔を探します・・・

来年のツアーいけるかな・・・???
今年は何とかなったけど来年は非常に怪しいところだ・・・

・・・あとで知ったのだが1日目の富川ドライブインでの休憩時に「ターファイト」ツアーに参加していた「ISAO」さんから電話とメールをいただいていたらしい・・・
すいませんISAOさん・・・
携帯は飛行機に乗るときに電源切ってそのまま・・・
メールは「アドレス指定受信」なのでISAOさんのメールアドレス登録するの忘れていました・・・
今度横浜中華街で北京ダックをおごります(爆)

アップが遅くなりまして申し訳ありません
もしこれを最後までご覧になった方がいらっしゃれば
メールか掲示板でお知らせ下さい
そうしたら私linkは小躍りして喜んでしまいます
あとこれに書ききらない話もありますのでご連絡いただければ「可能な限り」教えます
ダメなことは絶対しゃべりませんのであしからず・・・

6月26日へ



トップページ > Special issue2004年BRFツアー(その2) 2004年6月27日