トップページ > Special issue2004年BRFツアー(その1) 2004年6月26日


2004年BRFツアー(その1) 2004年6月26日


2004年度BRF生産馬情報へ

2年ぶりのツアーです・・・
まだ引っ越し後の部屋も片づいていないというのに・・・

6月27日へ

 
人気のあるワッキープリンセス03
なかなか良さげですよ
私の実績で足りれば・・・いっときたいです
ランヤジェニー03
私にはよく見えましたが、他の人に聞くと
否定的な意見が多かったですね
まあしばらく様子を見ますか・・・
 
マティーニ親子(仔:スターオブコジーン産駒の牝)
先日見に行ったときマティーニのお嬢さんが
妙になついてくれたので
「なかなかめんこい!」と気に入りました
募集に入れば買ってしまうかも・・・
マティーニ親子(その2)
なかなか良いでしょ(笑)
 
カトリーヌ親子(仔:アフリートの牡)
ず〜っとねてましたね
ハローヘレン03
写真では胴が詰まって見えますね
実際見ると良い馬でしたよ
 
シノクロス03
実はこのとき周りには凄い人だかりが・・・
ツアーにてかなり注目されてましたね
ケイエフペガサス03
スタッフ数人が「ベガならこれ!」と
言っていました。注目です
 
2年ぶりにツアーに参加
過去2回は北海道に住んでいたので自家用車でツアーに参加していたが
今年は本州に転勤してすぐのツアーということで
格安チケットを手に入れるというような準備も多分出来ないと思い
最初からAコースでツアーを申し込んだ
結果的にこれが功を奏した
転勤してたった3日後にツアーになるとは・・・
私は6月中旬に転勤すると思っていたので少し落ち着いてからになると思ったのに・・・
「まさか1週間で北海道を1往復半する事になるとはな〜・・・しかも飛行機とフェリーで・・・」と
思いつつ・・・新千歳空港に到着
・・・・まずツアーに参加している人の多さにびっくり・・・
「なんだよ・・・こんなにいるのか・・・」ちょっと人の多さに酔った
私は5号車らしい。バスに乗っていざ出発!!
で・・・ここで初めて知ったのだが各バスにBRFスタッフが何人か同乗するらしい
5号車は岡田社長の息子さん(以下ジュニア)と明和の調教主任のSさん(以下「明和主任さん」)。
それにゲストの高橋調教師さんが乗っていた
あとは「ミスJTB」と私のタイプのバスガイドさん(このガイドさんはものすごく若○千夏に似ていましたね。いやむしろバスガイドさんの方がかわいかった。しかも背が低くて色白だったし。)
で・・・バスガイドさんの話が一通り終わったところで明和主任さんの話へ
うるおぼえですが話の抜粋です
明和主任さんの話
「今年は全体的に粒がそろってる」
「外れは少ない・・・イヤない(笑)」
そんなこんなで5号車の人の為だけにこっそりと極秘情報なるものを教えていただいた
はっきりいって別にネットでもすでに流れているので書きます
明和主任さん
「3頭の芦毛の中では安い2頭。特にシノクロスが良い。なぜかというと馬を立たせるときにセンスのいい立ち方をする。こんな風に立てる馬はそうはいない。バランスがいい証拠。」
「アドマイヤベガは総じて良い」
「あとはイブキローマン。ニットウブラウン。」・・・
・・・あとは覚えてないですね〜
モデスティイトセルフは「こんな血統の馬が17万円なんてお買い得!!」っていってたような気がする
いや〜すいません・・・もっと良い話を聞いたような気がするんですが
全然思い出せないです・・・
でも楽しかったんで、良しとしましょう!!
その後ジュニアと交代
ものすごく人がいい感じですね〜
ただお父さんほどのカリスマは感じませんが・・・でもそれはお父さんが特別ですからねしょうがないでしょう
で・・・ジュニアもいろいろな話をしてくれましたね
「グラスワンダーの子供は多分あまり活躍しないだろう。ただしうちの募集馬は別」
「高馬でよさげなのはマルサンホマレとクッキーキティ」
「レーベン03は競走馬を出資すると考えると高いが、種牡馬に出資すると考えれば安いと思う」といっていた気がする。まあその前に種牡馬になれるぐらいの成績を残せるかどうかが問題だが・・・
「道営の外厩制度についてマスコミも少し勘違いしているので皆さんにきちっと知って欲しいです」といろいろ教えてくれた。まあマスコミにを鵜呑みにするのはあまり良くないことだと最近いろいろな場面でそう思うからあれだけどね・・・
話を聞いてとても優しい語り口で聞き易いんだがどうしてもお父さんと比べてしまうとインパクトに欠ける
多分そろそろ代替わりだと思うんです
私は社長が替わってもラフィアンを辞めるつもりはないのですが(馬が走らなくなったら辞めますが)
ツアーであのトークが聞けなるかと思うと・・・少し寂しい気がします

そんなこんなでバスが明和に到着・・・長かった・・・
今年はネットで知り合った人がたくさん来ているということは知っていたが
探し回るよりもまず飯だと思って弁当を平らげた後に急いで探すことに・・・
そうすると数名の知り合いを発見!!
「よかった〜これでひとりぼっちでなくなるな〜」
そうこうしているうちに展示会が始まった
冒頭で社長が・・・
「ネットでいろいろ書かれるからやる気なくすよ〜」って・・・
実は6月20日からインターネット環境から外れてしまいネットでどんなことが書いてあるかよくわからんのだが、クーリングオフの件とかコスモのほうが走ってるっていう件かな??
ん〜いずれにせよあの感じだとかなり辟易しているみたいだね
私は「そんなこと気にすんなよ〜社長らしくないぞ!」と思ったが・・・まあ社長も年をとったんでしょう。皆さんもうちょっと老人をいたわって、あまりネットで過激なことを書かないようにしましょう!(笑)
私にとって展示会は「社長の独演会を聞きに来ている」のが目的で「募集馬の説明」は二の次です。ただ馬の歩き方は目をギラギラさせながら見てますが・・・
なんか冒頭の発言もあってか2年前よりもトークの面白さが半減してる気がするな〜
以前はもっとウィットにとんでて・・・なんか言葉には表せないけど凄く良かったんだけど・・・
まあでも楽しかったです!これでツアーの目的はほぼ達成!・・・といきたいところですが・・・
あっ!そういえば展示会の途中でだれか放馬したみたいでした
ちゃんと捕まったんでしょうか?
放馬した馬は大丈夫だったのでしょうかね?
人にも物にも馬にも影響なかったんでしょうか?
少し心配ですね

パーティに出席して「今年こそ3(2)割引券をゲット!!」と意気込んで出陣!!
でも当然のように外れ・・・
で・・・ラフィアン会員の中で有名な某御大が3割引券当たってましたね
司会のFさんが「やっぱりお金っていうのはあるところに集まるんですね」って言ってましたが
私も全くの同感です。
ただ努力してる人にお金が集まるとも私は思ってますがね
私は無駄な努力は努力とは思ってない人ですから・・・
結果を出さないと意味がありません
失敗を続けても最後の成功すれば「努力が報われた」
失敗をしてそこであきらめたら「無駄な努力(努力じゃなくて労力)」・・・
最近つくづくそう感じます

そんなこんなでパーティー後ネットで知り合った数人と少しお酒を飲んでホテルへ・・・
皆さんいろいろ検討されているようでしたね
私は今年はちとつらい・・・なおかつちょっと仕事関係で精神的に余裕がない・・・
もう少し落ち着いて考えたいものですが・・・

そういえば2年前もホテルタカシマだったような気がする・・・
しかも同じ部屋??
これはものすごい偶然だ・・・

明日は1日中明和のコースを選んだ(今年から2日目はコースを選べるようになった)。だってロマネスクもギルトもドミンゴもアルクスもアットーレもみんな走る姿見たことあるんだもん・・・別に今見なくっても・・・それに今まで選んだ馬たちのことよりも未来に走る馬はどれかって真剣に考えよう!って思ってさ・・・
でも選択制なのは良いことだよ。来年以降も是非やって欲しいね

最近夜寝るのが早くなって11時にはもう眠いな・・・

6月27日へ



トップページ > Special issue2004年BRFツアー(その1) 2004年6月26日