トップページ > Special issueBRFにて(2003年8月18日)


BRFにて・・・ 2003年8月18日


またまた明和が広くなっていました・・・
迷いますね・・・
朝最初の坂路調教を見学中(ギルトも元気そう)
いろいろな方々が見えて、楽しいお話を・・・
続きは下で・・・

8月19日へ

 
パパラッシオ02のパドック写真
このときはおとなしかったのです
目ヤニがいっぱいでした
センシューリーブ02
おとなしかったです
なんかラベンダーの雰囲気がします・・・
 
マイネブリリアン02
二重の女の子って感じですね
フォーティナインディライツ02
別にフラッシュはたいてないのですが
今回たくさん馬につつかれました・・・
 
マイネルギルト
厩舎の外側と内側から馬が見られるようになっていますが、どちら側に行ってもすぐにそっぽ向かれちゃって・・・
悔しいのでお尻から写真をとってきました(左側)右は逆光ですね・・・「ウ○コぐらいゆっくりさせてくれ」っていう顔ですね
 
マイネマリエ02(左)
なかなか端整な顔立ちですね
好きなタイプです(変な意味ではない)
 
明和にて朝の調教見学中・・・
最初に知らないおじさんが来ていた。「どこからきたの?」の話し掛けられた。
「根室からです」と答えると「遠いな〜6時間ぐらいかかるだろ?」といわれた。
おぉ!!この人よくしってるな!と思ってしまった。
よく話を聞くと静内で馬の運送会社や建築会社を経営している社長さんだった。
名刺までいただきまして・・・
話を聞くとラフィアン会員さん700番代の方らしい・・・(今馬は持ってないそうだ)
吉田照也さんや梅沢富美雄さん、西川清さんとも面識があるらしい・・
そのおじさんが・・・
「今日は9時半から高橋が来るって言ってたんだよな〜」というので
「高橋って誰ですか?」と聞いてみたら「調教師の高橋裕だべ。知ってる?」といわれた
ハイハイ知ってますよ〜高橋先生ですよね〜以前真歌でお会いしたことありますよ〜
「高橋の馬もってる?」といわれたので、「欲しいんですけど持ってないですね〜」と答えると
笑いながら「走らんから辞めとけ(笑)」といわれました。
どうもかなり親しい関係のようです
そんな話をしていたら、スタッフのAさんと見知らぬおじさんが・・・
どうも栗東の五十嵐調教師らしい・・・
そのあとすぐに社長も到着してご歓談・・・
ビデオカメラ持ってきてオーストラリアから買ってきた1億円サンデー産駒をずぅ〜っと撮っていた
かなりのお気に入りのようだ・・・
販路からの帰りでも乗っていたスタッフに・・・「どうだ、その馬走るか??」と熱心に聞いていた
かなり気合も入っているようだ
「遅生れのハンディなんかないぐらい走る!!」といってますな・・・
どうなることやら・・・
まあ募集はされないでしょうから、気楽に見られますね

社長が五十嵐先生にイクティサール02について「膝に怪我してるけど全然問題ない!」
「ヘネシーは種付け料が700万で・・・」「この値段で募集できるのはウチだけ!」
どっかで聞いたせりふだと思ったらツアーのビデオでのこの馬の説明だった・・・
調教師の先生に売るわけじゃないんだからと思ったが、どうもこのやり取りを見ていると
五十嵐先生は社長にこの馬お願いしますと頼まれて預かることになったようだ
(先生の社長の話に対する返事の仕方が他人事に見えた・・・つまり自分で見て選んでない??)
まああくまで私見なのであまり気にされずに・・・

次に坂路の上にいって厩舎回りをしようと思ったら・・・高橋先生発見!!
どうやら2次募集されそうな牡馬の品定めをしていた
立ち姿・・・血統・・・歩いてる姿・・・真剣に見ていた
残念ながら私には先生がどの馬が気に入ったかわからなかった・・・
印象に残ったのが・・・
スタッフ「先生。このジェニュイン(産駒)みますか?」
高橋先生「ジェニュインはもういいよ(笑)」
ん〜私としては心当たりが1頭しかない・・・
かなり手を焼いてるのかな???

まあ、それにしても広いこと・・・
その後真歌へ移動してゲストハウスに到着・・・真歌を散策することに・・・

8月19日へ



トップページ > Special issueBRFにて(2003年8月18日)