トップページ > 愛馬紹介(引退馬) > マイネルアルクス


マイネルアルクス

Meiner Arx

当初、藤澤和雄厩舎に予定されていた馬は3頭
その中で無事に入れたのはアルクスだけ・・・
まずこの時点で第1関門突破。
メディアにも何回も取り上げられて
藤澤ブランドの威力を肌で感じた1頭・・・

  
撮影:ガーネットさん 撮影:すずさん

  
撮影:ガーネットさん 撮影:ガーネットさん

募集要項

毛色 黒鹿毛
誕生日 2002年6月11日
生産者 高松牧場(浦河)
募集価格 5000万円
口数 400口
一口価格 12.5万円

血統


撮影:ガーネットさん
ブライアンズタイム ロベルト ヘイルトゥリーズン
ブラマリア
ケリーズデイ グロースターク
ゴールデントレイル
スリーキャッスル マルゼンスキー ニジンスキー
シル
タイホウジェミー トンピオン
シンシプリアニ

成績

  月 日 競馬場 レース レース名 グレード 距離 騎 手 人気 収 入
1 2005 1/9 中山 4 3歳新馬 新馬 D1800 北村宏 1 4 2,891円
2   2/26 中山 5 3歳未勝利 未勝利 T2000 北村宏 4 2 4,525円
3   3/12 中山 5 3歳未勝利 未勝利 T1800 塚田 3 4 2,308円
4   3/19 中山 4 3歳未勝利 未勝利 D1800 北村宏 1 1 8,476円
5   4/10 中山 6 3歳500万下 500万 D1800 北村宏 1 2 6,652円
6   4/30 東京 11 青葉賞 G2 T2400 北村宏 15 9 3,696円
7   6/12 東京 4 3歳500万下 500万 D1600 デザーモ 4 3 4,619円
8   10/2 中山 7 3歳上500万下 500万 T2200 福永 4 16 797円
9   10/30 東京 5 3歳上500万下 500万 T2400 福永 6 8 1,719円
10 2006 11/19 東京 8 3歳上500万下 500万 D2100 津村 9 7 1,702円
全成績 10戦1勝 1−2−1−2−0−0−1−1−2(左から1着〜8着-着外) TOTAL 37,385円

収支

概要 収入 支出 備考
2004 1 保険料   2,800  
    維持費   436  
    出資金(馬代)   120,000  
    維持費先月分   1,750  
  2 維持費   680  
  3 維持費   675  
  4 維持費   686  
  5 維持費   675  
  6 維持費   687  
  7 維持費   680  
  8 維持費   698  
  9 維持費   675  
  10 維持費   755  
  11 維持費   698  
  12 維持費   1,750  
2005 1 維持費   1,750  
    保険料   2,000  
    新馬4着 2,891    
  2 維持費   1,695  
    新馬2着 4,525    
  3 維持費   1,623  
    未勝利4着 2,308    
    未勝利1着 8,476    
  4 維持費   1,714  
    3歳500万下2着 6,652    
    青葉賞9着 3,696    
  5 維持費   1,522  
  6 維持費   1,686  
    3歳500万下3着 4,619    
  7 維持費   556  
  8 維持費   556  
  9 維持費   770  
  10 維持費   1,709  
    3歳上500万下16着 797    
    3歳上500万下8着 1,719    
  11 維持費   698  
    見舞金 3,500   全治9ヶ月の屈腱炎の見舞金
  12 維持費   642  
2006 1 維持費   505  
    保険料   1,125  
  2 維持費   524  
  3 維持費   584  
  4 維持費   497  
  5 維持費   697  
  6 維持費   698  
  7 維持費   675  
  8 維持費   703  
  9 維持費   715  
  10 維持費   719  
  11 維持費   1,412  
    3歳上500万下7着 1,702    
  12 返還維持料 1,131    
    返還保険料 168    
2007 1 抹消給付金 3,250    
最終収支 -119,134 45,434 159,729 投資回収率 28%
馬代から見た収支 -79,566 45,434 125,000 投資回収率 36%

回顧

最初はそんなに気はなかったのですよ。なんといっても高かったですからね。
でもですね・・・・
やっぱり藤澤和雄と岡田繁幸が手を組んだ久々の馬ということで・・・
馬はともかく何となくそれだけでも魅力的だと思いませんか?皆さん??
しかも、社台と比べると明らかに劣る厩舎に預けているラフィアンにとって
藤澤和雄厩舎に所属予定というだけで、それはもう・・・私にとっては魅力的でした。
当初この馬を含めて藤澤和雄厩舎に予定されていた馬は1次募集馬に1頭、3次募集馬に1頭で
計3頭いました。
私は藤澤和雄厩舎に予定されている馬は全て出資しようと思っていたので
1次のもう1頭の馬(パパラッシオ02)にも出資しました。
本当はもう1頭の3次募集馬にも出資したかったのですが・・・
これはどうしてもお金の都合かつかなかったので泣く泣く断念・・・
はっきりいいますが、もしこの3次募集の馬だけが藤澤厩舎に入って、しかも活躍していたら
私はとても気分が悪かったです(爆)
・・・・まぁ最近はあまりそういうことを気にしなくなってきましたが、昔はそういう小さいことを
まじめに考えていましたね。
で・・・結局3頭の内藤澤厩舎に入れたのはアルクス1頭・・・・
まぁこの時点でも十分嬉しかった・・・この時点でも「勝った!!」と思いましたよ。
まだ走ってもいないのに・・・(苦笑)
そしてデビュー直前・・・私は朝からグリーンチャンネルにかじりつきテレビ観戦。
午前中のパドック解説者が「今日の新馬戦の一押し(だったかな?)はマイネルアルクス。ものが違う」
なんてこといってくれちゃって、これだけでも出資した価値はあると思ったもんだなぁ〜
しかし結果は出遅れて4着・・・でも素質の片鱗は見せてくれたから。満足したよ。
そして紆余曲折を経て4戦目で勝ち上がり・・・
いや〜口取りはしていないけど、現地観戦をしていたので
単勝を5000円も取ることが出来ました。私が単勝買うなんて珍しいことなんですよ。皆さん!(笑)
このとき口取り後アルクス出資者の皆様と少し話をしたのですが、
皆さん嬉しいというよりも「ほっとした」といった感じが滲み出ていましたね。
そりゃそうでしょう。おそらく私を含めてこの馬に一つ勝つことだけを望んで出資した人は
あまりいないと思いますから。
この馬には後に大きな期待をかけて出資をしたわけですよ・・・
で・・・早い段階で一つ勝ってくれた・・・まずは第1関門突破・・・
というわけで・・・この馬は岡田繁幸さんもこの時点では大きな期待をしていたようですので
クラシック路線を歩ませるべく2勝目を目指すことになるのですが・・・・
藤澤先生もそのことは十分わかっていらしたようで、メンバーの軽いダート戦で
勝ちを狙っていたようですが・・・結局勝ちきれず・・・
それでもダービーは諦めないということで1勝馬のみで青葉賞に登録、出走・・・
結果は15番人気で9着でしたが、私が思っていたよりも頑張ってくれて大変満足しました。
確かこのときは梅田のウインズで観戦していた記憶がありますなぁ〜
そして、その後500万条件を1度使って放牧・・・このときはデザーモが乗ってくれたンだっけか?
本当に藤澤厩舎の馬に出資して良かったと思える瞬間でしたね。負けましたけどね。
それでも良いんですよ。それが競馬なんですから。
ただ・・・楽しい思いでもまあここまでだといっても・・・良いかな?
藤澤厩舎は使うときにはバンバン使ってくれる厩舎ですので半年で7戦もしてくれました。
まぁ当然のように放牧に出たわけですが・・・
藤澤先生の都合とか考えないでまた1人の男が騒ぐのですよねぇ〜・・・
どうせ菊花賞にこだわったのでしょうね。秋の入厩時には堀井厩舎に転厩となりました。
堀井厩舎に移ること自体は別に良いと思ったけど、その後の使われ方がなぁ〜
どうしても「菊花賞を目指します」っていう感じのローテで
芝の長距離戦を大して仕上がってない状態で使って・・・結局パンク・・・
この年のパーティーで堀井先生は「本当はダートを使いたいんだけど・・・」という話をしていたから
芝の長距離を使っていたのはラフィアンからの指示でということになるでしょうな。
ラフィアンだから転厩はしょうがないとしても、そこまで菊にこだわる理由がさ〜
こういうことが藤澤先生の逆鱗に触れて縁が切れたらどうしようかと思ったが
なんとかまだ縁はあるようで安心しましたが・・・
本当にあの親父の頑固さには参ったものですわ。
もうすこし、人の意見を聞き入れる耳を持たないと・・・このやり方では限界があるって事を
わからないといけないと思いますよ。
正直ラフィアンの社長交代があと1年早ければアルクスの運命が変わっていたかもしれませんが
まぁタラレバいってもしょうがないな・・・
で・・・長期の闘病生活が始まるわけですが、乗り込みの時期を誤ったためにまた再発・・・
当然上からの指示でしょうな。相変わらずといった感じですが。
結局直らないまま復帰戦を迎え1戦でリタイアとなりました。

楽しかったですよ。この馬を持てて。
はっきりいって無茶苦茶悔しいので今後も藤澤和雄厩舎に行く馬には必ず出資するぐらいの勢いで
やっていきたいと思います!

反面・・・この馬は「前社長の傲慢さ」を私に教えてくれた馬ということで
ラフィアンではこういうリスクがつきまとっているんだなぁ〜というのを教えてくれた馬でした。
もう彼はラフィアンにはそんなに関わりはないと思いますが、
新社長には是非彼の馬見を特に重点的に盗んでもらって、マネしなくても良いところは
マネをしないようにお願いします(爆)

あとはラフィアンでは1頭入魂で出資することが如何にばかばかしいかを
再認識させてくれた馬でもあります。
ラフィアンは全体主義ですのでね・・・・

今度、クラシック血統で藤澤和雄厩舎予定の馬・・・となれば絶対出資する!!

・・・それまではクラシック勝たないでね〜藤澤セ・ン・セ・イ(爆)



トップページ > 愛馬紹介(引退馬) > マイネルアルクス